全米で大人気のコーヒーメーカー、気軽にお家でカフェ気分が楽しめるKeurig!どの機種がいいの?今一番売れてる商品とは?

アメリカで大人気商品のKeurig(キューリグ)コーヒーメーカー。一度は目にしたことがある方も多いのでは?コーヒーだけでなく、紅茶、ココア、レモネードなど、様々なドリンクが楽しめる機械です。さて、このKeurigを買おうと思った時に、種類がいくつかあるのでどれを買えばいいのか悩んでしまいます。今回は、そんな時に役立つKeurigコーヒーメーカーの比較をご紹介します。

Keurigって何?

A post shared by Sandra Miland (@sandramiland) on


まずはKeurigについてお話しします。KeurigコーヒーメーカーはK-cup(Kカップ)と言われる使い捨てのカップを使ってドリンクを作る機械です。最近では紅茶、緑茶、ハーブティーなど、かなりの種類のK-cupが発売されていますが、有名なのはコーヒーです。スーパーなどでも売られていますが、安く買うならアマゾンなどのオンラインショップで購入することをおススメします。K-cupはKeurig社からも多く発売されていますが、それ以外のブランドの商品も多くあります。アマゾンで「K-cup」と調べると、永遠に商品がでてきますので、必ずお好みの商品が見つけられると思います。

人気商品は?

Keurigからは様々な機種が発売されていますが、家庭用コーヒーメーカーとして今一番人気なのが、K475とK55です。では、どのように違うのかを比較してみましょう。

K475

A post shared by Jenn R. (@jgrcreates) on


K475は2018年2月現在の最新モデルで、価格は150ドル前後で販売されています。特徴としては、大容量のドリンクを作る機能があることです。一度に大量のコーヒーを作りたい方に人気です。その他にも細かいドリンクの量の設定、コーヒーの強さ設定などができます。操作パネルにスクリーンが付いた、デジタル表示になっています。

ただし、この機械はKeurig認定のK-cupしか読み取ってくれないという問題があります。そのため、この機械を買う場合は、KeurigのK-cupしか使えません。しかし、様々なハックが出回っていて、今では他ブランドのk-cupも使うことができるようになっています。後ほど別の記事でハックを紹介します。

K55

A post shared by Roger Sample (@rogersample) on


K55は古いタイプのKeurigコーヒーメーカーです。価格は100ドル以下と、最新版と比べるとかなりお買い得になっています。デザインはシンプルで、最新版のK475と比べると選べるメニューは少ないです。基本的にどのくらいの量のドリンクにするか小、中、大の三つから選ぶのみのシンプルな機能。デジタルディスプレーもありません。ですが、こちらの機械はKeurig以外のK-cupでも問題なく使えます。そのため、こちらの機械も未だ人気があります。

Keurigに必要なケア

A post shared by Somethings Brewing (@keurig.kcups) on


便利なコーヒーメーカーですが、K-cup以外に何か必要なものはあるのでしょうか?基本的には定期的に掃除をするようのディスケーリングソリューション(Descaling Solution)と、水用フィルターを使っている人は交換フィルターが必要になります。また、毎回機械を使った後にお湯を一回流すようにすると、機械が詰まりにくくなり、コーヒーの匂いも残りにくくなります。コーヒー以外の飲み物にも使う方は、特にこの行為を行った方が良いかもしれません。

今回は、アメリカで家庭用コーヒーメーカーとして非常に人気のあるKeurigコーヒーメーカーを紹介しました。自宅で楽々おいしいドリンクを楽しむのに最高の家電です。また、別の記事でKeurigのハックも紹介します。ぜひ参考にしてみてください。