アメリカでお馴染みのKeurigコーヒーメーカー裏技リスト!ハックを使うと純正以外のK-cupの利用、メニュー変更が可能って知ってた?

Keurigコーヒーメーカーは、アメリカで大人気の家庭用コーヒーマシンです。仕事のオフィスでも、大活躍しているのではないでしょうか?このタイプのコーヒーメーカーは、K-cupと言われる使い捨てのカップを使ってドリンクを作ります。このK-cupは様々なブランドから発売されているのですが、最新式のKeurig2.0マシーン(K250、K475、K575など)では純正のK-cupしか使えない、という不便な問題が発生しています。これは、オリジナルの商品を売りたいKeurigの作戦なのですが、多くの人がこの問題を解決するために様々なハック(裏技)を利用しています。今回は、最新式のKeurigをどんなK-cupでも使う方法、また専用のK-cupではなくても自由にメニューを選べるハックを紹介します。

純正以外のK-cupを使えるようにするハック

では、最新機種を買って、使いたいK-cupが使えないときのハックを紹介します。詳しく動画で見たい方はこちらの動画を参考にしてください。

純正のKeurigのK-cupには、ラベルの周りに白いリングがプリントされています。この部分がKeurigに読み取られて認証されるように作られています。純正でないものを使うと、スクリーンにエラーメッセージが表示されドリンクを作ることができません。ですが、この機能を逆手に取ったハックがいくつもあるんです。

○ 純正K-cupの蓋を利用する方法

まず最初に紹介するのは、純正K-cupの蓋についているリング部分を剥がし、純正でないカップの上に乗せるという方法です。この方法は、毎回乗せて使う人もいますし、機械の内側にテープで貼り付ける人もいます。少し面倒ですが、格安でできる方法です。

○ フリーダムクリップを使う

次は、「フリーダムクリップ」というグッズを使う方法です。フリーダムクリップは、Keurig専用に開発されているグッズです。オレンジ色のシールが付いたクリップで、Keurigマシン内にクリップで装着できるようになっています。このオレンジの部分が感知センサーを騙し、どんなK-cupでも問題なく使えるようになります。自分で作るのが面倒な人におすすめのアイテムです。

アマゾン参照商品:https://www.amazon.com/Freedom-Compatible-Keurig-brewers-including/dp/B01HOFZYCW

○ オレンジ色の蛍光ペンで、手作りのフリーダムクリップ

フリーダムクリップを注文するのも面倒!という人は紙、オレンジ色(ネオンカラー)の蛍光フェルトペンとテープがあれば、簡単にフリーダムクリップと同じようなものを作ることができます。動画を参考にしてみてください。

○ 蛍光シールを使う

純正でないK-cupのラベル右側に蛍光のシールを貼る方法です。参考動画の方はピンク、オレンジ、イエローのシールで問題なく使えたようです。

○ オレンジ色の詰め替え用My−K-cupを使う

K-cupの詰め替え用商品を使い、Keurigで自分がいつも飲んでいるコーヒーやお茶なども楽しむことができます。「My-K-Cup」という名前の商品が多く発売されていますが、これは洗って何度も使えるのでとても経済的なんです。最新機種に使う場合は、Keurig2.0に使えるものを選びましょう。この場合、センサーを騙すために、My-K-Cupがオレンジ色であったり、蓋の一部分が赤やオレンジ色に作られています。

アマゾン参照商品:https://www.amazon.com/Podoy-Coffee-Filter-Reusable-Updated/dp/B06XT7D93B/ref=sr_1_7?ie=UTF8&qid=1516063702&sr=8-7&keywords=my+k+cup+2.0

アマゾン参照商品:https://www.amazon.com/Perfect-Pod-Eco-Carafe-Refillable-compatible/dp/B00T6TBJ5Q/ref=sr_1_21?ie=UTF8&qid=1516063528&sr=8-21&keywords=my+k+cup

大容量のカラフェメニューを解放するハック

Keurigの最新機種では、カラフェサイズ(コーヒー約4杯分)の大容量のドリンクを作ることができます。しかし、このメニューは純正のカラフェ用K-cupを使用しないと出てこないメニューなんです。現時点ではカラフェ用K-cupは数が少なくあまりチョイスがありません。そのため、ハックを使って好きなドリンクを大容量で楽しむことができます。このハックは極小のマグネットを用意して、K-cup挿入口の手前に置く、また上部に差し込むだけです。マグネットによってカラフェメニューが常に解放され、純正のカラフェK-cupではなくてもカラフェメニューを選ぶことができます。

今回は、最新Keurig2.0機種のハックをご紹介しました。これらは多くのKeurigファンの方が、オリジナルのドリンクや他社のK-cupを使うために利用している裏技となっています。興味がある方、経費削減をしたい方もぜひ挑戦してみてください。しかしKeurigでは他社のK-cupやアクセサリーによっての故障は修理対象外としているので、くれぐれも自己責任でお願いします。