西海岸最南端の街サンディエゴおすすめビーチスポット!アメリカらしい美しい海の景色をバックに、インスタ撮影はいかが?

アメリカ西海岸南端の街サンディエゴには美しいビーチがたくさんあります。サーフィンなどのアクティビティはもちろん、西海岸らしい風景が見れるスポットばかりなので、マリンスポーツ目的以外で訪れても楽しめること間違いなしです。そこで今回は、カリフォルニア州最南端の町、サンディエゴのおすすめビーチスポットをご紹介します。インスタ映えするスポットも満載ですよ!

Mission Beach(ミッション・ビーチ)

A post shared by C. Eric Lindquist (@cericlindquist) on


ダウンタウン北西にあるミッション・ビーチです。風景がきれいでアクティビティも多く、地元でも最も人気のあるビーチの一つとなっています。整備された遊歩道、BBQのできる芝生やおしゃれなショップもあり充実しています。入り江になっていて波が穏やかになっているところでは、お子さんも安全に海水浴を楽しむことができます。

La Jolla Shores Beach(ラホヤ・ショア)

A post shared by Sandra Palandri (@sandrapalandri) on


ミッション・ビーチのさらに北にあるラホヤ・ショアはキッズフレンドリーなビーチとして人気のスポットです。広大な砂浜ではキャンプファイヤーやBBQ、ビーチバレーを楽しんでいる人がたくさんいます。プレイグラウンドやトイレなどの設備も整っているので、赤ちゃんから大人まで安心して遊べるビーチです。

Coronado Central Beach(コロナド・ビーチ)

A post shared by Sara (@sara83m) on


ダウンタウンの南西にあるコロナド島のビーチです。マリリン・モンロー出演の映画『お熱いのがお好き(“Some Like it Hot”)』の撮影場所となったホテル・デル・コロナドをバックにサーフィンやボディボードができます。広い砂浜では砂遊びやサンドアート、ビーチバレーをしている人も多いです。ホテルや周辺のショップやレストランも充実しているので一日中遊ぶことができます。

Torrey Pines State Beach(トーリーパインズ・ステイトビーチ)

A post shared by Lee Spitser (@leetzie) on


トーリーパインズビーチはサンディエゴ郡北部、ラホヤとデル・マーの間に位置しています。広い砂浜と松林がある風光明媚なスポットです。海水浴だけでなく、バードウォッチングやハイキングなどもできます。

Windansea Beach(ウィンダンシー・ビーチ)

A post shared by Niki Marino (@mrs_maino) on


ダウンタウンの北西、ラホヤにあるウィンダンシー・ビーチは良い波が来ることからサーファーに人気のビーチです。波が強いので、子供連れや普通の遊泳には向いていませんがサーフィン目的ならおすすめのビーチです。静かでローカルな雰囲気が味わえます。

Pacific Beach(パシフィック・ビーチ)

A post shared by @michaelauchard on


ミッション・ビーチのすぐ近くにあるパシフィック・ビーチもサーファーに人気です。波が高いので遊泳には向きませんが、遊歩道が整備されていて散歩や自転車で散策することができます。クリスタル・ピア(Crystal Pier)の上にコテージがあり、人気の宿泊施設となっています。お洒落なお店が集まっているエリアです。

Ocean Beach(オーシャン・ビーチ)

A post shared by The Barefoot Gypsy (@barefootandlost) on


夕日が美しいと評判のビーチです。オーシャンビーチの長い桟橋はサンディエゴのランドマークの一つになっています。海水浴だけでなく、お店やイベントもたくさんあるので、一日中いても飽きないスポットです。

暖流の影響で、サンディエゴの気候は1年を通して穏やかです。冬でもあまり寒くならないので、ウェットスーツがあればマリンアクティビティを楽しむことができます。どのビーチも夕日がきれいなので、長期滞在される際は目的外のビーチにも立ち寄ってみてください。