海の幸と歴史の街メリーランド州ボルチモア!子連れ旅行にも最適、味のある見どころ満載の観光情報ご紹介!

メリーランド州最大の都市ボルチモアは海の幸に恵まれた見所満載の街です。アメリカの国歌や国旗、米国初の鉄道が生まれたのもボルチモアです。南北戦争の舞台にもなった歴史ある街ですが、歴史好き以外の方や、子連れでも楽しめる観光スポットがたくさんあります。そこで今回は、メリーランド州ボルチモアの味わい深い観光スポットをご紹介していきます。

Baltimore National Aquarium(ボルチモア国立水族館)

A post shared by Lisa Krivenko Coates (@wheres__lisa) on


ボルチモアにある国立水族館は全米最大の水族館です。見せ方に工夫を凝らした迫力ある展示が充実しています。触れられる展示やイルカショーなどもあり、1日中過ごすことができます。

Baltimore Museum of Art(ボルチモア美術館)

A post shared by Anastasia Lomakina (@anastasia_luomeina) on


インナーハーバー(Inner Harbor)の北側にあるボルチモア美術館です。世界最大のアンリ・マティスのコレクションがあることで有名です。他にもモネやルノアールなどの有名画家の作品も所蔵しています。子供向けのワークショップもあり、入場料も無料なので気軽に訪れられる美術館です。

Historic ships in Baltimore(歴史的船舶の展示)

A post shared by jennandrewsmith (@jenn_anigans) on


ボルチモアのインナーハーバーには4つの歴史的価値のある船舶が展示されています。帆船や潜水艦、警備艇など、外から見て回るだけでも興味深い展示ですが、入場料を払えば内部の見学も可能です。

Baltimore and Ohio Railroad Museum(ボルチモア&オハイオ鉄道博物館)

A post shared by Hunter Lohse (@thetrainguy) on


アメリカ最古の鉄道の一つ、ボルチモア&オハイオ鉄道にちなんで開設された鉄道博物館です。建物自体が昔の鉄道施設を利用していて歴史建造物に指定されています。

19~20世紀の車両から模型まで充実した展示が揃っています。期間限定のイベントで乗車体験ができたり、鉄道のキャラクター(『きかんしゃトーマス』など)とのコラボをしているので、鉄道好きな方なら大人でも子供でも楽しめる施設となっています。

Fort McHenry (マクヘンリー要塞)

A post shared by National Park Geek® (@nationalparkgeek) on


アメリカ合衆国国歌発祥の地、マクヘンリー要塞です。米英戦争での激戦地跡に開設され、ミュージアムや野外展示があります。景色も良くプログラムも充実しているので、家族で歴史を学べるスポットです。

Walters Art Museum(ウォルターズ美術館)

A post shared by Chuck Bonfig (@chuckseye) on


ワシントンモニュメント(Washington Monument)の目の前にある美術館です。外観はこじんまりとしていますが、内部の展示は充実しています。古今東西あらゆる分野・時代の作品を集めたその数に圧倒されますが、こちらも入場料が無料なので気軽に見学することができます。

メリーランド州ボルチモアの観光スポットをご紹介しました。ワシントンDC観光のついでにも行けるロケーションが魅力ですね。エドガー・アラン・ポーやベーブ・ルース他有名スポーツ選手ゆかりの地でもあり、マニアックな観光地もたくさんあるのでファンの方はそちらも楽しめるでしょう。