食いだおれの街シカゴで受け継がれる味!歴史を味覚で感じられるシカゴ老舗グルメ店4選!

日本ほどではないかもしれませんが、アメリカの大都市での飲食事業はとても激しい競争社会です。シカゴのようなグルメの激戦区ともなると、特に生き残ることが難しいかもしれません。もし、あなたが勝ち組の人生を望むのであれば、老舗のグルメ店に何かしらのヒントが隠されているかもしれません。今回は、歴史を重ねながら愛され続ける、シカゴの老舗グルメ店をご紹介します。

Lou Mitchell’s(ルー・ミッチェルズ)

A post shared by Lou Mitchell’s Restaurant (@loumitchells565) on


1923年創業。クラシカルな味のある佇まい、地元の胃袋を支え続けるアメリカン・ダイナーです。Lou Mitchell’s自慢のボリューム満点な朝食をお目当てに、多くの観光客も足を運んでいます。特に人気のメニューは、オムレツとパンケーキ、それからフライド・チキンが乗ったワッフル!朝食は食べない、もしくは軽く済ませる派?色々と理由をつける前に、とりあえずLou Mitchell’sを訪れてみてください。賑やかで親しみやすい雰囲気と漂ってくる美味しそうな匂い、あなたの持つ朝食の概念を良いほうに変えてくれるかもしれません。女性やお子様には、一口ドーナッツやミルクダッドのサービスも待っています!

Margie’s Candies/the Original(マージーズ・キャンディーズ/ジ・オリジナル)

A post shared by Janice (@janicen22) on


1921年創業(現在の店名が使われるようになったのは1933年から)、家族3世代がつなぐ昔ながらのアイスクリーム・パーラーです。レトロでオシャレ、鮮やかな80’sファッションが似合いそう!甘党さんなら目を輝かさずにはいられない、アメリカサイズの巨大なサンデーがMargie’s Candiesの名物です。フルーツもホイップもてんこ盛り、仕上げにグレイビー・ボートにたっぷり入ったチョコレートソースを贅沢に注ぎ込みましょう!ビートルズやローリング・ストーンズなど、名だたる著名人もMargie’s Candiesを訪れています。

Garrett Popcorn(ギャレット・ポップコーン)

A post shared by Garrett Popcorn (@garrettpopcorn) on


日本でも大人気のGarrett Popcornは、1949年にシカゴで誕生しました。創業当初と同じ味を守り続け、秘伝のレシピでつくられたポップコーンは世界中で大人気!厳選した素材を使用し、修行した職人のみが製造されることを許された極上のポップコーンです。とくにキャラメル・クリスプは、65年以上も続くGarrett Popcornの歴史を感じるカリッとした食感とキャラメルの香ばしい味わいを楽しめます。できたてのポップコーンを食べられる喜びを体験してみてください。

Portillo’s(ポーティロス)

A post shared by Portillo’s Hot Dogs 🌭 (@portilloshotdogs) on


1963年に小さなホットドック・スタンドとして誕生したPortillo’sは、今やシカゴに欠かせない存在です。名物のシカゴ・ドッグは、地元ルールにしたがってケチャップなしでどうぞ!ハンバーガーはもちろん、お肉たっぷりのイタリアン・ビーフ・サンドやラザニアなど、たかがチェーン店とあなどれないラインナップが揃っています。

まさに絵に描いたようなアメリカっぽいデザインが溢れる店内、ただ席に着くだけで元気とやる気(もちろん食欲も)が沸いてくるお店です。

多くの人に親しまれ続ける老舗店には、どこにも負けない自分たちの店に対する愛情と誇りで溢れています。もちろん、お客への感謝とサービス精神も旺盛です。料理を通して、違う時代の人と「美味しい」を共有してみましょう。ちょっとしたタイムスリップが味わえるところも、老舗店にしかない楽しみ方なのかもしれません。