ワシントンDC郊外ノーザン・バージニアの観光スポット!定番DCに飽きた人は、NOVAでさらなる歴史や自然体験を!

アメリカの首都ワシントンDCのお隣、バージニア州のNOVA(Northern Virginia)エリアをご存知でしょうか?バージニア北部は州内で一番人口の多い地域でもあり、DCメトロポリタンエリアにも含まれます。企業や近代的な街並みが多く集まるエリアですが、アメリカの自然や歴史を味わえるスポットもたくさんあります。今回は、そんなNOVAエリアのおすすめ観光スポットをご紹介します。

Arlington National Cemetery(アーリントン国立墓地)

A post shared by Don Mercer (@rustic_41) on


アーリントン墓地は南北戦争以降戦没者や国民的英雄が埋葬されている国立墓地ですが、観光客も見学することができます。見どころは「無名戦士の墓(Tomb of the Unknowns)」とその前で行われる衛兵の交代式、「合衆国海兵隊記念碑(Marine Corps War Memorial、別名:硫黄島記念碑 Iwojima Memorial)」などです。ジョン・F・ケネディ夫妻が埋葬されているのもこちらの墓所です。

桜が植えられていたり、ポトマック川や記念碑など景観の良い場所ですが、日影が無いので夏の来園は暑さ対策が必要です。

Great Falls(グレート・フォールズ)

A post shared by Great Falls Park VA (@greatfallsparkvanps) on


メリーランド州とバージニア州の州境を流れるポトマック川の上流にはグレート・フォールズという滝があります。『南のナイアガラ』と称されるくらい大きな滝は見ごたえがあります。ハイキング、カヌー、BBQなど自然を楽しみながらできるアクティビティが豊富な上に、設備も整っているので子供連れやペット連れの地元民にも人気のレジャースポットです。

George Washington’s Mount Vernon(マウント・バーノン)

A post shared by Edz PH🇵🇭 USA 🇺🇸 (@edznicu) on


アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンの邸宅兼プランテーション跡地であるマウント・バーノンです。敷地内にはワシントン大統領に関する資料や当時の家屋が残されています。無料の邸宅内案内ツアーもあるので、歴史に興味のある方におすすめの観光スポットです。ガーデンや邸宅から見えるポトマック川などの景色も良く、特に花が咲く春の見学がおすすめです。

Udvar-Hazy Center(ウドバー・ハジー・センター)

A post shared by ⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀Stewardess👩🏼‍✈️🛩 (@maya_pchellini) on


ワシントンDCにある国立航空宇宙博物(Smithsonian National Air and Space Museum)の別館にあたるウドバー・ハジー・センターです。本館を上回る数の航空機が展示されています。バスや駐車場の料金はかかりますが、スミソニアン系列なので入場料は無料です。広島に原爆を投下した「エノラ・ゲイ」やスペースシャトルの「ディスカバリー号」など、歴史的に有名な飛行機を間近にたくさん見ることができます。

Shenandoah National Park(シェナンドー国立公園)

A post shared by Josh Williams (@joshwilliams43) on


美しい景色で地元でも有名なシェナンドー国立公園です。秋の紅葉の季節が特におすすめです。ハイキングやサイクリング、キャンプや釣りなど様々な楽しみ方ができます。車で景色を見て回れるスカイラインドライブも人気です。コテージやレストランなどの設備も充実しているのでアウトドア初心者でも気軽に挑戦することができます。

Luray Caverns(ルーレイ洞窟)

A post shared by Synergy Twins (@synergytwins2) on


シェナンドー国立公園の近くにあるルーレイ洞窟です。洞窟内はツアー形式で入ることができます。規模の大きい洞窟なので、日本の洞窟と比べると圧倒されてしまうかもしれません。内部は1時間ほどのコースで、神秘的な光景が広がります。敷地内には他にアスレチックやマニアックなミュージアムもあり、1日中楽しめる観光スポットです。

NOVAエリアのおすすめ観光スポットをご紹介しました。日本人も多く住んでいる首都圏エリアから気軽に行ける距離のところばかりです。ワシントンDCやメリーランド、バージニアを訪れた際に、足を伸ばしてみるのはみるのはいかがでしょうか。