駐在妻がおススメするアメリカの育児用品は日本製よりも格安で実用的!?超便利な赤ちゃんグッズ8選!

アメリカの育児でも、高品質できめ細やかな気配りがされている日本の育児用品は大活躍します。日本製品はどれも痒い所に手が届くものばかりですが、実はアメリカの育児用品も負けてはいません。今回は筆者がアメリカで乳幼児を育てた経験から、アメリカで見つけたおすすめの育児用品をご紹介します。

温度で色が変わるスプーン

A post shared by Lolibi (@lolibidotcom) on


温度センサー付きの離乳食用スプーンです。熱いとスプーンの先端の色が変わるので、赤ちゃんにうっかり熱すぎるご飯をあげてしまうのを防ぐことができます。離乳食を手作りしたり、保存したものを温めてあげることの多い日本人ママにもピッタリの製品です。繰り返して使えますが、使い捨てにもできる材質と価格であることがほとんどです。色々なメーカーがありますがマンチキン(Munchkin)製が特に有名です。

参考URL:https://www.munchkin.com/4pk-white-hot-spoons.html

こぼれない子供用コップ

A post shared by Perabot Rumah Tangga Unik (@glady_case) on


360°どこからでも飲めて中身がこぼれない乳幼児用のコップです。フタ付きで傾けてもこぼれないので、普通のコップを渡すよりも安心して子供に任せることができます。取っ手付きのものとタンブラーのような形のものがあり、離乳期のコップ飲みの練習から幼稚園児まで使うことができるので寿命が長いです。パーツが少なく、食器洗浄機にもかけられるのでお手入れも簡単です。ワオカップ(Wow cup)やマンチキンのものがメジャーで、どちらも安価で豊富なカラーバリエーションが魅力です。

参考URL:
ワオカップ:http://www.wowcup.com
マンチキン:https://www.munchkin.com/miracle-360-deg-10oz-cup-white.html

おくるみ

A post shared by aden + anais (@adenandanais) on


日本でも話題になることの多いおくるみ(Swaddle)です。有名ブランド「Aden+Anais」含めモスリン生地のものが特に普及しています。赤ちゃんをくるんで落ち着かせるだけでなく、夏場の掛け物にしたり日除けや授乳ケープにしたりと色々な使い方ができるので便利です。

参考URL:
Aden+Anais: https://www.adenandanais.com/en-us/swaddles/shop-all

シリコン製食事用ビブ

A post shared by DADWAY (@dadway) on


食事用エプロンはシリコン製がおすすめです。食べこぼしをキャッチするポケット付きのものは特に重宝します。コンパクトにたたむことができる上に、洗ってすぐ乾くので、旅行中など短期間で繰り返し使いたい時にも便利です。種類も豊富で各メーカーから色々なデザインがでているので選ぶのも楽しいですね。食洗機にかけられるものも多く、忙しい保護者の味方です。

参考URL:
Summer Infant:https://www.summerinfant.com/placemats-bibs/bibbity
Make my day:https://makemydayproducts.com/collections/bibs

シリコン製リンスカップ

A post shared by @l_marieg on


入浴時、子供の体を洗い流すためのカップです。アメリカの家の一般的なシャワーは固定式なので、日本のようなホース付きのものに替えているご家庭もあるかもしれません。しかし、シャワーヘッドの交換ができない場合や旅行先の浴室ではこのカップが活躍します。

プラスチック製のものもありますが、ぶつかっても痛くなく、持ち運ぶときに破損の恐れが無いのでシリコン製の方がおすすめです。子供の頭の形に合わせて変形するので、顔に水がかかるのが苦手な子にも使えます。リンスカップとして使っていない時は子供のおもちゃとしても使えるのでお風呂が楽しくなります。

参考URL:
マンチキン:https://www.munchkin.com/shampoo-rinser.html
Nuby:https://www.nuby.com/usa/en/tear-free-rinse-pail-1-2

ベビーカー用トレー

A post shared by Molly’s Baby Room (@mollysbabyroom) on


ベビーカーに装着するアクセサリーです。スナックを入れるトレーやボトル用のくぼみがついていて、子供がベビーカーに座ったまま自由にとることができます。おやつや水分をセットしておくと、移動中にカバンからスナックやボトルを出し入れする手間が省けます。筆者の場合、特にベビーカーを拒否する時期に、おやつがあれば大人しく乗ってくれるので重宝しました。こちらも汚れたら食洗機や食器用洗剤で丸洗いできるタイプが多く、お手入れが簡単です。

参考URL:
Bob: http://www.bobgear.com/accessories/single-snack-tray
Baby Jogger:http://www.babyjogger.com/en-US/child-tray-single-%28mounting-bracket%29

赤ちゃん用ネイルトリマー

A post shared by ZIQQA MALL (@ziqqamall) on


日本では爪切りばさみがメジャーですが、アメリカでは使いやすい赤ちゃん爪切りにはなかなか出会えません。そんな時はネイルトリマーがおすすめです。刃物を使わないので、産後の寝不足な方や不器用な方にも簡単に爪の手入れができます。赤ちゃんが大きくなって動き回るようになっても傷つける心配がないので安心です。

参考URL: https://zoli-inc.com/products/buzz-b
https://www.littlemartinsdrawer.com/products/little-martins-nail-trimmer

トラベルシステムのカーシート

A post shared by Автокресла BeSafe Россия (@besafe_russia) on


欧米で主流のトラベルシステムのカーシートも便利です。シートの中で赤ちゃんが寝てしまっても、そのままベビーカーに装着したり、家や店内に連れていくことができます。せっかく寝てくれたのに起こさなければいけない…という状況を減らせます。

お店の大きなカートにシートごと入れて、そのままショッピングを楽しんでいるパパママもいますが、これはお店もカートも巨大なアメリカならではの光景かもしれませんね。

参考URL:
グレコ:http://www.gracobaby.com/en-US/Car-Seats/Infant-Car-Seats-%26-Bases#facet:&productBeginIndex:0&orderBy:5&pageView:grid&minPrice:&maxPrice:&pageSize:&

アメリカのおすすめ育児用品をご紹介しました。お子さんのタイプによってベストな育児用品は変わってきますが、アメリカのベビーグッズの中にも良いものはたくさんあります。日本でも人気の商品は、日本よりも安く手に入ることもあるのでぜひ試してみてください。