アメリカのチーズには色々と謎が多い?知って得する!?チーズに関するトリビアご紹介!

ハンバーガーやサンドイッチを主食とするアメリカ人にとって、欠かせない食材といえばチーズ。チーズと一口に言ってもスーパーや専門店へ行くと、色々な種類のものが売っています。そこで今回は、アメリカで人気のチーズやチーズに関するトリビアをご紹介したいと思います。

アメリカの代表的なチーズってどんなもの?

A post shared by Wisconsin Cheese (@wisconsincheese) on


現在、アメリカは世界一の酪農国と呼ばれるようになりましたが、ヨーロッパから移民達が来る前には、チーズなどありませんでした。アメリカでチーズがビジネスとして本格的に生産・販売されるようになったのは、19世紀に入ってからだと言われています。

アメリカの代表的なチーズと言うと、コルビーやモントレージャックなどが挙げられます。コルビーチーズは、元々、ウィスコンシン州のコルビーというエリアでチーズ工場を営んでいたジョセフという人が、1885年に作り始めたと言われています。チェダーチーズと似ていますが、食感は柔らかく、味もマイルドなため、そのまま切って食べたりできます。

モントレージャックも人気のチーズですが、誰がこのチーズを作り始めたかについては、いまだに謎だとか!?元々は昔からヨーロッパで修道士達が作っていて、それがアメリカに入ってきた説とカリフォルニア州モントレー市で誕生した説などがあります。

どちらのチーズもアメリカ人の間では、よく食べられています。ワインのお供にしたり、クラッカーにのせたり、食べ方もまさに多種多様!?

フィラデルフィアはチーズの生産地じゃない!?

A post shared by Philadelphia Cream Cheese (@lovemyphilly) on


アメリカだけでなく日本のスーパーでも売られているフィラデルフィア・クリームチーズ。美味しいですよね。でも、実はフィラデルフィアの地名はチーズの産地とはまったく関係が無いって知っていましたか?じゃあ、どうしてもこのような名前が付いたかというと、今から100年以上前、「チーズの売り上げがなかなか伸びないから、人々がよく知っている名前を付けよう!」ということでこのような商品名が付いたそうです。結果として、売り上げアップ、更にフィラデルフィアの町の名前も有名になったので、良かったのかもしれませんね。

引用先:https://billypenn.com/2015/07/25/why-its-called-philadelphia-cream-cheese-even-though-its-not-from-here-fertile-land-and-clever-marketing

チーズには、どうしてオフホワイト色とオレンジ色があるの?

A post shared by McDonald’s (@mcdonalds) on


これは筆者自身が長年、ずっと疑問に思っていたことなのですが、マクドナルドのチーズバーガーには、四角い形をしたオレンジ色っぽいチーズが入っていますよね?そもそも、何でチーズがオレンジ色をしているのか気になったことはありませんか?

実はオレンジ色は生産過程で着色されており、チーズ本来の色はオフホワイトなのだそう。もちろん、食べても体に害の無いアナトーと呼ばれる天然色素が入っているそうなのですが、どうして着色されるようになったのかは、未だに謎だそうです。ヨーロッパの方では随分昔から着色されていたそうで、色を加えることで食欲が増すと信じられていたとか!?確かに、オレンジ色の方がインパクトはあるかもしれませんね。

色々と謎の多いチーズ。筆者もチーズが好きで、よく購入する食材のひとつです。アメリカのスーパーや専門店には色々なチーズが売っているので、みなさんも自分の口に合うチーズ探しに出かけてみませんか?