バージニアきってのビーチリゾート、バージニアビーチと世界最大の軍港ノーフォーク!歴史好きには特におすすめ、日本での知名度はまだ低い穴場観光地を旅してみよう!

アメリカ、バージニア州南東部に位置するバージニアビーチとノーフォーク。日本での地名度はあまり高くないですが、毎年国内外から多くの観光客が訪れます。今回はバージニア州きってのビーチリゾートであるバージニアビーチと、世界一大きな海軍基地をもつノーフォークの魅力をご紹介します。

Ocean Front & Virginia Beach Boardwalk(オーシャンフロントとバージニアビーチ遊歩道)

A post shared by Nhan Nguyen | 📸 🗺 (@tpt_photo) on

A post shared by Boom.Roasted. (@kaykay389) on

まずはなんといってもビーチです。 砂浜のビーチは海沿いに全長60km以上も続いていて、世界一長いビーチとしてギネスブックにも登録されています。オーシャンフロント周辺にはホテルやレストラン、ショップ、おしゃれなカフェなどがたくさん並んでいるので、砂浜で日光浴をしたり、サーフィンをしたり、カフェで夕日を見ながらまったり過ごしたり、ショッピングを楽しんだりと思い思いの時間を過ごすことができます。また、海辺の散歩やジョギング、サイクリングにはバージニアビーチ遊歩道がおすすめです。自転車をレンタルしてサイクリングしながらどこまでも続く綺麗な景色を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

Virginia Aquarium & Marine Science Center(バージニア水族館と海洋科学センター)

A post shared by E M I L Y (@emilythepope) on


バージニア水族館と海洋科学センターは年間65万人以上もの人々が訪れるバージニアビーチの人気スポットです。魚を始め、サメやウミガメ、アザラシ、カワウソなど300種以上の生き物たちが展示されています。それぞれの生き物について解説してくれるプログラムや実際にエイを触れるエリアなどがあり、楽しみながら海の生き物について 学ぶことができます。チェサピーク湾の成り立ちや変遷について詳しく展示されているのも人気の理由です 。また、この水族館ではオプションでホエールウォッチングや野生のイルカに会いに行くボートツアーなども開催しています。

Military Aviation Museum(軍事航空博物館)

A post shared by @militaryaviationmuseum on


軍事航空博物館では、第一次世界大戦と第二次世界大戦中に使われたさまざまな航空機が集められ、 実際に飛行できる状態に整備されて展示されています。この博物館は個人経営されていて、航空機は全て世界中から集められた個人のコレクションだということに驚きです。4月から10月にかけては第二次世界大戦中に使われた航空機に乗せてもらい、バージニアビーチ上空を飛行することもできます。(要予約)また、格納庫や屋外展示エリアを結婚式やパーティのために貸切り、航空機に囲まれながら特別な時間を過ごすこともできます。飛行機好きにはたまらない観光スポットです。

Naval Station Norfolk (ノーフォーク海軍基地)

A post shared by @kackytech on


世界一大きな海軍基地があるノーフォークは、チェサピーク湾の湾口で軍事都市として発展してきました。米海軍と旅行会社が協力して運行している45分間の軍港ツアーに参加すると、この巨大な海軍基地をバスに乗って見て回れます。現役の海兵がバスを運転しながら解説付きで空母や駆逐艦、攻撃艦、実際に使われている飛行場などを見せてくれます。基地なので写真撮影は制限される場所が多いですが、迫力ある軍艦の数々に興奮すること間違いなしです。なお、このツアーはシーズンによって運行本数が異なるので、訪れる前にウェブサイトで確認することをおすすめします。

Battleship Wisconsin(戦艦ウィスコンシン)

A post shared by George Mandle (@gmandle1) on


軍港ノーフォークならではのもう1つの観光スポットは戦艦ウィスコンシンです。アメリカ最後の戦艦とも呼ばれるこのウィスコンシンは、第二次世界大戦中から1991年まで実際に活躍していました。ノーフォークでは、全長270mにも及ぶこの巨大な軍艦の船内を見てまわるという貴重な体験ができます。 主砲や戦艦そのものの規模に圧倒されるのはもちろんですが、海兵の寝室や食堂を見ながら海上での生活を想像してみるのもいいですね。また、この戦艦を管理しているノーティカスのチケットブースでは戦艦見学と軍港クルーズがセットになったコンボチケットも販売しています。

MacArthur Memorial(マッカーサー記念館)

A post shared by Cuisine & Company (@cuisineandcova) on


第二次世界大戦中から戦後にかけてGHQ最高司令官として日本とも深く関わったダグラス・マッカーサーはこのノーフォークの記念館で眠っています。この記念館ではマッカーサーが着用していた服や小物を始め、日本から持ち帰った品々、勲章、そして彼と妻ジーンの棺などが展示されています。日本に関する資料も多く展示されているので、歴史を学びに訪れてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?ビーチリゾートと軍港都市、それぞれその土地らしい見どころがたくさんありますね。バージニアビーチからノーフォークまでは車でわずか30分ほどの距離なので、ビーチに数泊しながら1日をノーフォーク観光にあててみてもいいですね。ぜひ一度訪れてみてください。