アメリカ生まれのストリートスポーツ、オリンピック競技にも追加されたスケートボード界に注目!かっこよすぎる若手イケメン・プロスケーターも合わせて紹介!

ストリートスポーツを代表し、今や国籍や世代を超えて親しまれるスケートボード。2020年に開催される東京オリンピックでは、正式種目としてスケートボードが初採用されています。オリンピックも待ち遠しいですが、何といってもスケートボードの本場はアメリカ!アメリカのスケートボード界は、ますます熱気を帯びてきています。今回はアメリカ生まれのスケートボード史入門にくわえ、今注目の若手イケメン・プロスケーターを紹介します。

もともと移動手段ではありません。お遊びから生まれた陸のサーフィン、スケートボード

A post shared by Surfa Sam Official (@surfasam) on


スケートボードは、アメリカで生まれたと伝わっています。正式な記録は残っていませんが、おそらく1940年代頃にサーファーが始めた遊びとする説が有力です。1960年代に入ると、カリフォルニアで初のスケートボード大会が開催されます。世界中でスケートボード・ブームが訪れたのは1970年代、パーツなどの種類が充実したことにより競技の幅が広がりました。

スケートボードの競技スタイルは大きく2つ、「パーク」と「ストリート」に分けられます。「パーク」はボウル型で湾曲して入り組んだコース、「スタイル」は階段や手すりなど街中にあるような障害物を施したコースです。ポイント制で演技を評価し、より高得点を獲得した選手が勝者となります。ただし、大会によって技のポイントが異なるため、スケートボード未経験者には採点の構造がわかりにくいかもしれません。とにかく、スケートボードの魅力は、自由で独創性が際立つ技の数々です。難しいことは抜きにして、スケートボーダーたちの華麗な演技をお楽しみください。

努力と才能、そしてカリスマ性。すべてが揃わないとアメリカではプロになれない?

A post shared by Fisty 🌶 (@fisty022) on


スケートボードの世界では、アマチュアだけでなくプロの選手も活躍しています。アメリカでプロを名乗るには、今のところ特別な試験などはありません(ちなみに日本の場合は認定制です)。それならば、何を持ってプロとするのかというと、まずスポンサー契約を結ぶことから始まります。さらに、スポンサー(ブランド)における階級を上げ、シグネチャーモデル(自分の名前が使用された特別仕様品)を販売した時点で名実ともにプロになれるのです。スケートボードの世界は、まさに実力主義の極みといえるでしょう。

見るだけで思わずため息?立ち姿だけでも絵になる、アメリカで活躍する若手プロ・スケーター

Ben Nordberg(ベン・ノードバーグ)

A post shared by AYOI (@hairulajla) on


スポンサー:Flip、Vans、MOB、Spitfire Wheelsなど
生年月日:1989年6月20日 出身:イギリス

スケートボーダーとして活躍する一方、モデルとしてもキャリアも!なんでもこなせる許容範囲の広さは、彼自身の余裕ある滑りにも表れています。

Trevor Colden(トレバー・コールデン)

A post shared by Julio Calderon (@fresh_join) on


スポンサー:Skate Mental、Thunder Trucks、Spitfire、MOB など
生年月日:1994年3月14日 出身:バージニア州

精度の高いテクニックで人々を魅了する若手のスケートボーダー。2011年には世界で最も影響力があるとされるアマチュアの大会、「TAMPA AM」で1位を獲得した実力の持ち主です。

Austyn Gillette(オースティン・ジレット)

A post shared by jaimeowens (@jaimeowens) on


スポンサー:HUF、WKND、Small Wheels、Thunder Trucksなど
生年月日:1991年6月21日 出身:ロサンゼルス

滑る姿がとにかくスタイリッシュ。インタビューなどでも飾らず、何でも正直に語ってくれます。ちょっぴり危険な香りがするところも素敵!

Curren Caples(カレン・ケープルス)

A post shared by Takashi (@vrbnskrsssd) on


スポンサー:RVCA、Vans、Flip、Momentum Ride Shopなど
生年月日:1996年1月10日 出身:オハイオ

彼のプレイスタイルには、とにかく死角がありません。いつでもどこでも、あますことなく実力を発揮してくれます。アメリカのティーンが憧れる、学校の人気者を具現化したようなイケメンさんです。

Riley Hawk(ライリー・ホーク)

A post shared by Artur Barbosa – Barbearia (@arturbarbosabarbearia) on


スポンサー:Baker、Lakai Limited
生年月日:1992年12月6日 出身:カリフォルニア

伝説のスケーターであるトニー・ホークを父に持つ、スケートボード界のサラブレットです。米誌「The Skateboard Mag」で2013年のベストアマチュア・スケーターに選ばれた実力者、親の七光りではない彼らしいスタイルの滑りに注目してください。

とにかくスケートボードは、関わるもの全てがカッコいい!ボーダーはもちろん、プレイスタイルやファッションなど、何かにつけて心をときめかせてくれるものばかりです。2020年のオリンピック時には、スケートボード界がさらに大注目されること間違いありません。さっそく先手を打て、お気に入りのスケートボーダーの動向を今から見守り&応援を開始しましょう!