全米No.1レースNASCARの聖地、フロリダのDaytona International Speedway!モータースポーツ好きにはたまらないその魅力とは?

ディズニーランドをはじめ、色々な面白いエンターテイメント施設が充実しているフロリダ州。モータースポーツ好きなら、デイトナビーチにあるデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ(Daytona International Speedway)は絶対外せません。今回は、このNASCARの聖地の魅力についてご紹介します。

デイトナ・インターナショナル・スピードウェイのあるデイトナビーチとは?

A post shared by Daytona Beach (@discoverdaytonabeach) on


デイトナ・インターナショナル・スピードウェイは、オーランドから少し北東へ行ったデイトナビーチという場所にあります。今となってはモータースポーツの町として有名ですが、以前はビーチリゾートとして人気でした。今でもデイトナビーチの砂はサラサラで、実際に砂浜の上を車で走ることもできます!

A post shared by Daytona International Speedway (@disupdates) on


デイトナ・インターナショナル・スピードウェイのオーバル型サーキットは、1953年にウィリアム・フランス・シニアによって発案されました。ペプシコーラやゼネラルモーターズのデザイナーだったハーリー・アールやテキサスの富豪家達からの資金を得て同スピードウェイは1959年にオープンしましたが、オープン初日には16万人以上の観客達が詰めかけたそうです。16万人ってすごい数ですね!

現在も人気のスポットとして有名なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ。毎年2月の最終日曜日には、その最高峰クラスのモンスターエナジーNASCARカップシリーズ開幕戦である「デイトナ500」が開催されます。デイトナ500はサーキットのオープン当時から開催されていて、2008年には50周年を迎えました。ちなみに最初のデイトナ500は1959年2月22日に開催され、リチャード・リー・ペティが優勝したとのこと。

このデイトナ500の開催時期は、アメリカでちょうど他のスポーツのオフシーズンと重なります。なのでたくさんの人が訪れるのはもちろんのこと、テレビ中継もされるなど国民的なイベントにもなっています。今年は、27歳のオースティン・ディロンが優勝。筆者も、ドキドキしながらテレビで観ていました!

観光客が楽しむ方法

A post shared by Daytona International Speedway (@disupdates) on


デイトナ・インターナショナル・スピードウェイを訪れた際には、ぜひツアーに参加してみましょう。3つのツアーがありますが、オールアクセスツアーの所要時間は約90分で、料金は大人1人25ドル。普段一般の観客が入れない特別エリアなども見学できます。90分のツアーなんて長過ぎる!と思う人は、スピードウェイツアーというのあり、こちらの所要時間は約30分です。こちらは大人1人18ドルで、スピードウェイの歴史を学びたい人や写真を撮りたい人にはおすすめ。

さらにVIPツアーもあり、所要時間は約3時間で料金は大人1人52ドル。一般のツアー内容に加えコカコーラシアターへのアクセスや、デイトナ500で優勝した車を間近でみることができる特典付き。なかなか優勝した車を間近でみれる機会って無いと思うので、貴重な体験ができるかも!?

独立記念日の時期にはCoke Zero Sugar 400が開催

A post shared by Daytona International Speedway (@disupdates) on


そして毎年7月の独立記念日の時期には、「Coke Zero Sugar 400」と呼ばれるナイトレースが開催されます。午後7時過ぎスタートで、最終日には迫力のある花火も打ちあがります。

まさに、モータースポーツ好きにはたまらないスポットのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイ。フロリダ州の定番人気スポットであるディズニーランドやユニバーサルスタジオへ行くにもいいですが、少し違った楽しみ方としてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイを選んでみるのはいかがでしょうか?ご家族でぜひデイトナビーチ観光もお楽しみください。