美意識高いアメリカ人の間で大人気のヘルシー飲料コンブチャ!自家製の方が安価で美味しいって知ってた?コンブチャ株の入手方法から簡単レシピまで、ご紹介しちゃいます!

アメリカでここ数年人気を集め、日本にも上陸したコンブチャ(コンブッカ)をご存知ですか?「何それ?昆布茶?」という方は、mAmerica別記事「アメリカで人気のコンブチャ(KOMBUCHA)!昆布茶と勘違いされがちな健康ドリンクの正体に迫ってみます!」をぜひ読んでみてください。今回は上級者編として、アメリカで美容意識の高いセレブも飲用しているというコンブチャ株の入手方法と、自家製コンブチャの作り方についてご紹介します。

コンブチャとは?

A post shared by Donna Rinelli (@cleanhouseseries) on


アメリカで流行している発酵ドリンクです。独特の酸味と香り、炭酸の刺激があり、好き嫌いが分かれる味かもしれません。日本でも1970年代に「紅茶キノコ」として流行りました。紅茶に砂糖とキノコのようなゲル状の菌を加えて作られます。アメリカでは色々なメーカーが様々なフレーバーを販売していて、スーパーでも手軽に購入することができるほど普及しています。

便秘を解消したり栄養バランスに優れているので、健康や美容に効果があるとされています。

自家製コンブチャの作り方

A post shared by Jill Serrano (@jillserrano) on


アメリカでは簡単に市販のコンブチャも購入できますが、1瓶$3~4はするので割高です。毎日飲む場合は自宅で作った方が経済的ですし、自分好みの味のコンブチャを作ることができます。

①用意する物(1/4ガロン《1Quart》作る場合)

●コンブチャの菌株(ScobyまたはMother culture):1つ
●原液(Starter tea):1/2カップ
●耐熱性のガラス瓶
●砂糖:1/4カップ
●紅茶:(茶葉の場合)小さじ1.5杯分 (ティーバックの場合)2つ
●水:1/4ガロン
●ペーパータオルや布巾
●輪ゴム

②作り方の手順

1. 耐熱性のガラス瓶を煮沸消毒かアルコール消毒する
2. 紅茶を作って砂糖を全て溶かす(濃さはお好みで)
3. 紅茶が20~30℃くらいまで冷めたら容器に移し、菌株と原液を加える
4. ペーパータオルや布巾など通気性のあるもので蓋をして輪ゴムでしっかり止める
5. 4~7日程放置する。発酵させる時間が長ければ長いほど甘味が減り酸味が増えるので味見をしながら調整する。30日くらいまでを限度に。

コンブチャ株の入手方法

A post shared by happybellyprobiotics (@happybellyprobiotics) on


コンブチャ作りを始めるにはまずコンブチャの菌株が必要ですが、アメリカでの入手方法は以下の3つになります。

①株を購入する

健康食品系、ローフード系のショップやウェブサイト、アマゾンなどの通販サイトでコンブチャの株が購入できます。専用の容器や茶葉などの材料が一緒になったスターターセットもあります。日本で購入するより安価なことが多いです。

②譲ってもらう

すでに自家製コンブチャを育てている人から菌株を分けてもらうのも入手方法の一つです。順調にコンブチャを作っていくと必要以上に菌株が増えてしまう人も多く、快く譲ってくれる人がほとんどでしょう。周りでコンブチャを作っている人やグループがいないか探してみましょう。また、譲ってもらう際はその株が浸かっていたコンブチャも少量(最低100mlくらい)同時にもらうようにするとスムーズに育てることができます。

③コンブチャから株を育てる

時間はかかりますがスーパーなどで購入した瓶入りのコンブチャドリンクから株を生成することもできます。上記でご紹介したように殺菌した容器と砂糖を入れた紅茶を用意し、コンブチャドリンクを混ぜて通気性のある蓋をします。1週間ほどで小さな株ができてくれば成功です。株の厚さが5~6ミリになってからコンブチャを作り始めましょう。3週間経っても株ができない場合は失敗です。

自家製コンブチャの注意

A post shared by @rennycatworld on


●コンブチャはあくまでも健康食品であり、薬ではありません。飲みすぎると栄養が偏ったりお腹が緩くなりすぎることがあります。

●殺菌、滅菌が十分にしないまま作ると雑菌が湧いて食中毒の恐れがあるので器具はしっかり消毒しましょう。

●発酵が上手くいくと果実酢のような香りに虫が引き寄せられてくることがあります。しっかり蓋をして虫が入らないようにしましょう。ただし、発酵に通気性が必要なので蓋の材質に気をつけましょう。

今回は、自家製コンブチャの作り方についてご紹介しました。慣れてきたら砂糖や紅茶の濃度を変えたり、フルーツを加えたりしてアレンジして楽しむこともできます。日本で始めるよりも菌株を入手しやすいので、ぜひアメリカにいる間にコンブチャ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。