アメリカで盛り上がる祝日といえば、7月4日の独立記念日!アメリカ人はインディペンデンス・デーをどう祝うの?

日本は世界的にみても、他の国に支配されたことも植民地になったことも無い、非常に稀な国です。そのため、独立記念日と聞いても余りピンと来ない方が多いかもしれません。一方で、アメリカはヨーロッパの国々から自由と独立を勝ち取った国で、アメリカ人は今でも独立記念日をとても大切な祝日として過ごします。そこで今回は、アメリカの歴史や独立記念日の祝い方について、ご紹介したいと思います。

アメリカがイギリス帝国から独立したのは1776年7月4日

A post shared by Oldschoolspecialties (@oldschoolspecialties) on


日本と比べると歴史が長くないと言われながらも、歴史的にみると実に色々な出来事が起きた国です。また、国土が広く、州によって異なった歴史が残っているのも、アメリカらしいと言えるかも!?

A post shared by George Washington Mount Vernon (@mount_vernon) on


アメリカ独立戦争が起きたのは、1775年から1783年の間で、当時イギリスの植民地だった、デラウェア、ペンシルベニア、ニュージャージー、ジョージア、コネティカット、マサチューセッツ、メリーランド、サウスカロライナ、ニューハンプシャー、ヴァージニア、ニューヨーク、ノースカロライナ、ロードアイランド州は、独立を果たします。

戦いが続く1776年7月4日に、当時の大統領トーマス・ジェファーソン参加による大陸会議で、アメリカの独立を決定したことから、この日が独立記念日と定められました。

アメリカ人の独立記念日の祝い方

A post shared by The Heights (@theheightstol) on


独立記念日って星条旗柄のTシャツを着て、打ち上げ花火とバーベキューをして祝う日!という人も多いです。また、独立記念日にはお店や仕事先のほとんどが休みになります。普段いそがしい人にとっては、家族と過ごす特別な日だと考えている人も!

独立記念日は英語でIndependence Day(インディペンデンス・デー)と言いますが、4th of July(フォース・オブ・ジュライ)と呼ぶ人の方が多いような気がします。

A post shared by Shobhit Jain (@showbizzj) on


また、日本では夏の風物詩とされている打ち上げ花火ですが、13州に含まれているデラウェア、ニュージャージー、マサチューセッツ、ニューヨークの4つの州では、花火が禁止されています。そのため、この独立記念日に特別な花火大会を楽しむ人も多いです。特にニューヨークで行なわれる花火イベントは、Macy’sがスポンサーになっていて、規模としてもかなり大きいです。この花火イベントへ行くために、他の州からニューヨークを訪れる人もいます。

どこの町でも大抵パレードなどが行われますが、特にボストンやフィラデルフィア、ワシントンDCの方では、毎年イベントが大々的に開催されるようです。

大きな国旗を飾ることも!

A post shared by Mattie (@marthaswilson) on


アメリカ人は、愛国心が強いことで知られています。そのため、独立記念日を祝うために、大きな国旗を買って自宅の玄関の前に飾ったり、国旗の柄入りのTシャツを着たりする人も多いです。この時期にスーパーやデパートへ行くと、たくさんの国旗グッズを見かけます。日本ではない光景なので、最初みると少しビックリするかもしれません。

今回はアメリカの祝日の1つのして、独立記念日を紹介しましたが、他にも1492年10月12日にクリストファー・コロンブスによるアメリカ大陸発見を祝う、コロンブスデー(場所によって祝日扱いしないところも有り、一般的に10月第2月曜)などをはじめ、日本とは一味違った祝日もあります。

特に日本から観光で訪れる場合、祝日の時期に訪れると、多くのお店やレストランが閉まっている可能性が高いので、くれぐれも注意してください。もちろん、前後には「4th of Julyバーゲンセール」を行うお店も多いので、ショッピングに最適な時期かもしれません。アメリカ人と一緒に祝日を祝いたいという人は、ぜひどうぞ!素敵な経験になること間違いなしです!