アメリカで銀行口座を作ろう!新規アカウントを開設するにはどうすればいいの?手続きや必要な物は何?

銀行口座を持たないと、なかなか毎日の生活が困難になります。アメリカ生活も慣れてくると、新しくこちらで銀行口座を作りたいと思う人も多いのでは。そこで今回は、アメリカで銀行口座を作る際の手続きや必要な持ち物についてご紹介したいと思います。

新規口座を作る前に色々銀行を調べてみる!

View this post on Instagram

Awesome sketch by Diamin of her U.S. Bank team! We love this creativity and representation of women in the workplace. #sketch_daily #draweveryday #usbank #womeninbusiness

A post shared by U.S. Bank (@usbank) on


アメリカ人は基本的に、あまり多くの現金を持ち歩きません。また、アメリカ人は日本人ほど貯金をする習慣がある人は少ないと思います。それでも、多くの人は銀行口座を持っています。アメリカにはたくさんの銀行があり、それぞれの銀行の手数料や受けられるサービス等が違ってきます。そのため、銀行口座を作る前に、どの銀行で口座を作るのか、まず情報を集めてみると良いと思います。

銀行が決まったら?

View this post on Instagram

Attending this week's #MWC17? Be sure to stop by the #Citi Networking Garden for networking, recharging, and more!

A post shared by Citi (@citi) on


自分が口座を作りたい銀行が決まったら、手続きを銀行へ直接行って行うか、オンラインで行うかを選びます。銀行へ直接行く場合は、窓口とは別のスペースで口座を開く手続きを行います。予約は必要ありませんが、混んでいる場合は番号札が渡されて、番号が呼ばれるまで待たなければいけないこともあります。

新規口座を開く際に必要な主なものは、写真入りの身分証明書、現住所を証明できるもの、そして口座に入れるお金です。身分証明書は、銀行によって1つでいいというところもあれば、2ついるところもあります。身分証明書として提示できるのは、パスポートやアメリカの運転免許証等。そして、現住所は今住んでいる場所を証明するものなので、自分宛の公共料金の請求書などを持っていくと良いです。

現金ですが、これは新規口座を開けた際にデポジット(保証金)としていくらか払う場合が多いです。デポジットはいくら払ってもいいですが、大体100ドル程度払う人が多いです。銀行によっては口座を有効にするために、1セントを銀行負担のサービスで入れて口座を開けてくれるところもあります。ソーシャルセキュリティーの提示が必要なところや、Emailアドレスを聞いてくるところもあり、銀行によってかなりシステムが違ってきます。

手続きは簡単で、書類に必要な情報を記入と必要書類を見せます。後にATMカードを使う際のPINナンバーも決めます。手続きが終わって1週間程度すると、自宅にATMカードと大抵無料でCheck book(小切手)が送られてきます。ATMカードを電話、ウェブサイト、ATMなどを使ってアクティベートすると、これで口座開設手続きがすべて完了します。

口座の種類

View this post on Instagram

It’s #TaxDay! If you’re expecting a refund, now’s the time to decide what to do with it. One option is to save it for a rainy day – you never know when you’ll need a little extra cash.

A post shared by Bank of America (@bankofamerica) on


普段、私達がよく使う口座は主に2つで、それはChecking Account(チェッキングアカウント)とSavings Account(セービングアカウント)です。Checking Accountは、イメージ的に普段の生活で必要な出費を払う口座になり、使った分の引き落としは主にこの口座から行ないます。Saving Accountは、普通預金口座です。お金を自由に出し入れしても手数料がとられない場合もあれば、最低預金額が決まっている場合もあるので、口座を開く際に確認が必要です。この他に、Fixed DepositやCertificates of Depositなど、定期預金口座に近いものもあります。

口座の入出金明細のチェックはオンラインで

View this post on Instagram

Lose your wallet recently? Don’t worry, we're doing a contest with @eksterwallets. Tell us how you lost your wallet (or tag a friend to tell their story), use the hashtag #N26XEkster. We'll pick one person to win a smart wallet from @eksterwallets and #N26Black free for one year! ⠀ ⠀ [The winner will be randomly selected and contacted via private message 3 August. The prize is limited to one wallet and one year free N26 Black membership. Please note: The full prize is subject to a successful verification and sign-up. After one year your N26 Black membership will be renewed automatically and charges will apply.]⠀

A post shared by N26 – The Mobile Bank (@n26) on


口座を開いた後は、オンラインで入出金のチェックを行ないます。銀行の窓口へ行って直接明細をチェックすることも出来ます。Checking AccountとSaving Account間のお金の移動は、自分のパソコンや携帯電話のアプリなどからいつでも出来ます。また、Emailアドレスを登録しておくと、銀行からニュースや残高アラートなどが送られてくるので便利です。

アメリカの銀行の新規口座の開け方は、日本の銀行とほとんど変わりません。ただ、口座をキープする上で、定期的に銀行口座をチェックしていかなければいけません。普段からクレジットやデビットカードで支払うので、気づいたら残高がゼロやマイナスになっていたということもあるので、注意が必要です。質問等がある場合は、まずは銀行に直接に聞いてみるといいかもしれません。みなさんも、アメリカで銀行口座を開設してみませんか?