渡米直後で子供と毎日どうやって過ごそうか悩んでる新米駐妻ママへ!未就園児の普段の居場所・お出かけ先をまとめてみました!

お子様連れのアメリカ生活、毎日どうやって過ごそうか悩む方もいるのではないでしょうか。学校に行く年齢であれば学校に通わせられますが、学校に通わない小さい年齢の子たちは普段どのように過ごしているのでしょうか。今回は、アメリカの0~3歳の未就学児たちが平日を過ごしているスポットをご紹介します。

公園・プレイグラウンド

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NatalyVlad (@natalia.khananeina) on


誰でも無料で利用できる公園はお出かけの定番です。自然に触れながら体を動かすことができるでしょう。遊具のあるエリアは地面が柔らかい素材でできていることが多く、転んだり落っこちたりしても安心です。地域によってどの時間帯にどのような月齢の子がいるか違うので、引越ししたては色々な時間帯に行ってみることをおすすめします。

ちなみに、オムツは日本よりも気軽に替えられますが、公園にはトイレが無いことが多いのでトイレトレーニングを終えた後の子はトイレの間隔に注意が必要です。

図書館

 

View this post on Instagram

 

A post shared by eaѕт тo drag qυeen ѕтoryтιмe (@dragqueenstorytime) on


図書館ではストーリータイム(Story Time)をはじめとした幼児向けのプログラムが開催されています。室内なので歩けない月齢の赤ちゃんも気軽に参加できますし、英語の物語や手遊び歌に親しむことができます。それぞれの図書館によって英語以外の言語で開催されるプログラムがあったり、おもちゃで遊ぶコーナーがあったりするので、ぜひ行ってみてください。

子供向けジムなどの習い事

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Little Gym Wandsworth (@thelittlegymwandsworth) on


暑かったり寒かったり、特に気候が激しくて外遊びが厳しいところでは室内での習い事も人気です。スイミングやジムなど専用の施設で体を動かすだけでなく、空き時間で自由に施設を利用できるところもあります。

有料になってしまいますが、その分清掃が行き届いていたりスタッフのサポートがあるので、お金を払うだけの価値はあるかもしれません。

地域の子育てサークル

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Meetup (@meetup) on


近所の同じくらいの年齢の子がいる親子が集まって、プレイデートやストーリータイムのようなことをしているグループもあります。費用がかかることがありますが、他の習い事や保育所よりは安くなることが多く、口コミや地域の掲示板・ネット(Meetsupなど)経由で参加ができます。日本人が多い地域では、日本語を話す親子向けのグループもあります。

ミュージアムやテーマパークの子供向けコーナー

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Sydney Barrett (@sydney_r_barrett) on


近所に子供向けのコーナーやプログラムがあるミュージアムやテーマパークがあれば、年間パスポートを購入して頻繁に通っている親子もいます。歴史や自然、アートなど、施設の特色に合わせた専門的な分野に親しむことができます。トイレやお店などの設備も整っていることが多いので安心です。

スプレイグラウンド

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Papan Chakma (@_conquestador_) on


夏には水遊びのできる公園、スプレイグラウンド(Sprayground)もおすすめです。夏季限定で公園の一部のエリアが水遊びコーナーになります。小さな噴水で遊ぶタイプが多いので、プールのように溺れたり親も一緒に泳ぐ必要が無いので小さい子も気軽に行くことができます。

行政のホームページから地域のスプレイグラウンド情報を得ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

子供向けの屋内施設

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Momo🤱🏻 (@peach.mama) on


トランポリンやジャンプハウスを集めた施設や室内アスレチック、巨大ブロックなど多種多様な子供向けの施設もあります。こちらも暑い夏や寒い冬に特に人気です。料金は1時間10ドル前後のところが多いですが、長時間遊んだり頻繁に行く場合はフリーパスや回数券がお得です。お子さんの好みに合わせた施設に行くと楽しいでしょう。

スクールに通っていないお子さんたちの平日のお出かけ先をご紹介しました。地図やネットには載っていない情報も多く、実際に行ってみると雰囲気がわかるので開拓している気分になります。通っているうちにお友達ができたり、行きつけの場所ができると、異国での育児もずっと気が楽になります。ぜひたくさん出かけてお気に入りのスポットを見つけてみてください。