日本では出オチ気味なビールにアメリカで再度乾杯!ラベルを2度見したくなる、アメリカの奇妙なビール6選がコレ!

やっぱりアメリカでもビールは大人気!ただし、いつもようにビール愛がこじれすぎて、ちょっと変な暴走をしてしまうアメリカの酒造メーカーも多いようです。他ジャンルとのコラボは当たり前、ときにはビールと似つかわしくない原料を配合している場合もあります。今回は、もはや旨いかどうかは関係ない!?インパクト勝負だけど一度は試したいアメリカのビールをご紹介します。

Mamma Mia Pizza Beer(ピザ味)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Johnny Dee (@nyerjohnnydee) on


イタリア人は呆れるかもしれませんが、これこそアメリカ人のピザへと注ぐ愛の証といえるでしょう。ピザをビールで流し込むのではなく、すでにビールがピザというピザ好きにはたまらない一品です。ビールから放たれるピザの香り、ニンニクにオレガノといったトッピングの風味も漂います。

Thai Peanut(タイ・ピーナツ味)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by hayls (@haylsjaney) on


ココナッツを原料とした、エスニックな風味が楽しめるエール系のビールです。ひとくち飲めば、「サワディー」と挨拶したくなるような味が楽しめます。タイの名物料理であるパッタイが、遠く離れたアメリカの地でビールになるとは誰が予想できたでしょうか。香ばしさを際立たせるため、オリジナルのピーナツ・バターも配合されています。

Toast-E-Coilz(フレンチトースト味)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ✖✖Justin✖✖ (@sophisticatedignorance87) on


ビールで朝食、むしろ朝食風味のビールで乾杯してください。オートミールスタウトの良さが際立つ、なめらかな風味のフレンチトーストがビールになりました。バニラやメープルシロップ、さらにシナモンの加えた本格派のフレンチトーストの甘い香りにとろけてしまいましょう。大人だけの極上スイーツ・ビールを堪能してください。

Snorkel(ヒラタケ・ビール)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Lee 🍺 Texas Craft Beer (@brewzlee_) on


なぜキノコなのか、しかもなぜヒラタケなのか、いろいろと疑問がわき起こるかもしれません。ラベルも何だか独創すぎるデザインですが、地元オースティンの恵みをあますことなくビール製造に注ぎ込んでいます。もちろん、使用するヒラタケはテキサスのキノコ農園のものです。テキサス愛を感じるワイルドなビールをどうぞ!

Ghost Face Killah(ブート・ジョロキア・ビール)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Get Saturated (@newmexicodrifter) on


正真正銘のホットな飲み応え、むしろ危険レベルのブート・ジョロキア(過去に「世界一辛い」称号を得たトウラガシ)を使用したビールです。しかも、セラーノにハラペーニョ、ハバネロといった有名どころの激辛トウガラシを全力で凝縮しています。

Fire in the Ham(スモークハム味)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Craft Beer Cellar Fenway (@cbc_fenway) on


よりFire in the Hamの匂いを満喫したいのであれば、肉系のおつまみや料理を一緒に用意するべきでないかもしれません。缶を開けた瞬間に漂ってくる、ビールが発する再現の高いベーコンやハムの匂いをかぎもらさないでください。

ビール離れの傾向にある日本人と比べ、アメリカ人はあの手この手でビールを遊びつくしています。従来の概念なんて関係なし!ときにはドーナツや自分のヒゲを原料に使用するメーカーさえ登場しています。ただし、突拍子もないビールは限定物が多いため、話題になったら躊躇せずに即座に試したほうがいいでしょう。味の保証はしませんが、ビール人生を楽しむならキワモノ系にも果敢に挑んでみてください。