日本より種類は多い!?アメリカで人気のベビーカーやワゴンの紹介、実際に買って試してみた感想がコレ!

外国に行くと、実に色々なベビーグッズが売っています。その中でも、特にユニークで面白いのがベビーカーやワゴンなど。今回は、アメリカで手に入るベビーカーやワゴンについてご紹介したいと思います。

ベビーカーと言っても実に色々!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by GRAYBEAR for BABY (@graybear_for_baby) on


日本でもA型・B型のベビーカーをはじめ、軽量タイプ、三輪バギーなど色々なタイプのベビーカーが販売されています。もちろん、日本製のものもあれば外国製のものもあり、色々な種類から選べます。でも、何となく値段を比較してみると、日本の方がアメリカより少し高い気がします。ちなみに、英語でベビーカーはStroller(ストローラー)と言います。

筆者は、自分の3人の子供に対して、それぞれ違うベビーカーを使っていました。1人目と2人目の出産時は、友人達がプレゼントとして買ってくれたのですが、1人目の時は、evenfloのトラベルシステムというタイプのものでした。アメリカは車社会なので、ベビーシートに赤ちゃんを寝かせたまま移動できるタイプのものが欲しいと思い、これを友人達にリクエスト。実際使ってみて、かなり便利でした。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Arie (@missariex) on

evenflo travel system: http://www.evenflo.com/travel-systems

2人目の時は、上の子と下の子が年子なので2人用のベビーカーが必要になり、この時はGracoの2人用のベビーカーを使っていました。これもevenfloのトラベルシステムと似ていて、下の子が赤ちゃんの時は、Gracoのベビーシートに乗せて使っていました。上の子が3歳と下の子が2歳の時に日本へ一緒に一時帰国しましたが、周囲には申し訳ないと思いながらも、長距離の旅行の際にはとても助かりました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Analyna (@mzbanannie) on

Graco double strollers:http://www.gracobaby.com/en-US/Double-Strollers#facet:&productBeginIndex:0&orderBy:5&pageView:grid&minPrice:&maxPrice:&pageSize:&

そして3人目の際は、上2人と少し間があいているため、新しく購入することにしました。今回は、Gracoの1人用軽量トラベルシステムをWalmartで購入。ベビーシートがセットでついて、何と9,000円前後とかなりリーズナブル。しかも、持ち運びが簡単にできるように、軽量でワンタッチで開ける折りたたみ式だったので便利でした。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Malinda Rocha•Youtube Mama (@malinda.rocha) on

Graco Literider Travel System :http://www.gracobaby.com/en-US/literider-travel-system-103582

ジョギングが好きな人なら三輪バギー

View this post on Instagram

Props to this mama for her hard work! #MondayMotivation 📷: @mettelyngholm

A post shared by Baby Jogger (@babyjogger) on


アメリカのドラマや映画で見かける、三輪バギー。スタイリッシュでカッコイイですよね?アメリカでもママ達の間で人気があります。特に、朝ジョギングをしながら子供と散歩したいママやショッピングを楽しみたいママなど、この三輪バギータイプはぴったり!小回りが出来て、デザインも個性的なものが多く、持っているとなかなか人に自慢できるかもしれません。

中にはワゴンタイプも!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Keenz Stroller Wagons (@keenzstrollerwagons) on


ある程度子供が大きくなってきた際に使えるのが、ワゴンタイプのもの。対象年齢は大体1歳以上から5歳前後まで、中には8歳くらいまで対応しているものもあります。丈夫で、しかも2人くらいまで乗れるものが多いことから、アウトドアスポーツや旅行の際に使うパパやママが多いです。

カバー、カップホルダーはもちろん、シートベルトもついているので、安全面もOK。お値段はというと、普通のベビーカーや三輪バギーよりは少し高めですが、使える期間が長いことを考えると、それほどでもないような感じもします。

ワゴンブランドの例:
https://www.keenz.us
https://www.goveer.com/cruisers
https://www.radioflyer.com/ultimate-ez-fold-wagon.html
https://www.hauck-toys.com/en/outdoor/wagon

今回は、アメリカのベビーカーの種類を色々紹介してみました。どれを選ぶかは、好みや目的によってそれぞれ違ってくると思います。今購入を検討しているパパやママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。