米系航空会社の方が実は優れている?意外と知られていないエコノミー機内食の種類やリクエスト方法について

以前の記事で筆者はペスコベジタリアンであることを紹介しましたが、この食事法によって普段から食べるものには気をつけています。米系航空会社の機内食が苦手という話も日本人からよく聞きますが、実は他民族国家ゆえに、機内食の種類が多いことを知っていましたか?そこで今回は、飛行機のエコノミー席で提供される機内食の種類、そしてあまり知られていないリクエスト方法について簡単に紹介します。

意外と知らない?機内食の種類が色々!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Haru, Ike (@yumaiharu) on


機内食って、利用する航空会社によってかなり違いますよね?ファーストクラスやビジネスクラスは別として、エコノミークラスを利用の場合、航空会社によっては料理の味や質が日本人の口に合わないこともよくあると思います。

実は、どの航空会社でも色々な機内食が準備されています。この色々というのは、普通に配られる機内食以外に「特別食」と呼ばれるもので、英語では「スペシャルミール(Special meal)」と呼ばれます。この特別食というのは、子供向けをはじめ、特定の食材が食べれなかったり、アレルギーを持っている人達のための料理になります。

米系航空は日系航空より更に種類がある!?

View this post on Instagram

A post shared by tokyo_globetrotter (@tokyo_globetrotter) on


多民族国家であるアメリカの場合、飛行機を利用する人たちの人種も違ってくるので、機内食の種類がとてもたくさんあります。例えば、アメリカン航空の場合、赤ちゃんやキッズ向け、ベジタリアン/ヴィーガン向け、ヒンドゥー教徒向け、ムスリム教徒向け、ユダヤ教徒向け、更にローファット(低脂質)料理、ローソディウム(減塩)料理、グルテンフリー料理等、全部で14種類から選べます。他の米系航空でも、大体同じのようです。

アメリカン航空公式サイト:https://www.aa.com/i18n/travel-info/experience/dining/special-meals-and-nut-allergies.jsp

特別食のリクエストは無料

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Inflight Feed (@inflightfeed) on


このような特別食が必要な場合、予め利用する航空会社にリクエストをしなければいけません。ほとんどの航空会社の場合、飛行機に乗る24時間前にリクエストが必要なところが多いです。もちろん、特別食をリクエストしても、特別料金はかかりません。リクエストはネットからも可能ですし、空港のカウンターで直接スタッフに伝えることも出来ます。

ちなみに筆者の場合はペスコベジタリアンのため、いつも機内食はベジタリアン/ヴィーガン向け料理です。そのため、リクエストすることを忘れないためにも、航空券を購入した時点で航空会社に伝えています。

利用する航空会社によってメニューや味付けは色々

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Young/영 (@ukyoung_yoo) on


また、利用する航空会社によってメニューや味付けも様々です。ある日系の航空会社を利用した際には、ベジタリアン/ヴィーガン向け機内食のメイン料理は野菜カレーで美味しかったですが、アジア系航空会社では、メイン料理に野菜がグリルされたものだけで少しもの足りなさを感じたことがあります。

以前、友人と一緒に飛行機に乗った際、私がベジタリアン/ヴィーガン向け機内食をリクエストしていたため、料理が他の人たちより先に出てきました。それを見た友人が、ビックリ!実際このような特別食をリクエストすると、他の機内食と混合させないためにも座席にシールが貼られ、先に配られます。特別扱いされて少し微妙な感覚になりますが、このサービスは誰でも利用できます。機内での楽しみの一つでもある食事、みなさんもぜひ今度このサービスを利用してみてはいかがでしょうか?