アメリカ人はよくボランティアや寄付をするけど、実際どういったメリットがあるの?日本人には馴染みがないNPO団体の仕組みについて!

日本と比べると、圧倒的にボランティアや寄付をする人が多いと言われているアメリカ。信心深い人が多いのも理由かもしれませんが、実際にはボランティアや寄付をする側にもメリットがあったりすることをご存知でしょうか?そこで、今回は、NPO団体の設立の仕方や、ボランティアや寄付にどういったメリットがあるかについてご紹介したいと思います。

NPO団体の数は日本よりはるかに多い!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by GoFundMe (@gofundme) on


最新の情報によれば、アメリカには150万を超えるNPO団体があると言われています。これは、日本と比べても明らかに数が多いです。そのNPO団体の種類も、動物愛護、人権保護や環境活動、さらに宗教団体や教育機関など多岐に渡っています。

基本的には、日本のNPO団体とアメリカのNPO団体の仕組みはほとんど変わりません。でもアメリカは自由主義の国なので、自分が何かの問題についてアクティビティをしたい場合は、このNPO団体を設立する傾向にあります。小規模な市民活動だと思えば、もっと親近感が沸くかもしれません。

アメリカでNPO団体の設立の仕方

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Advanced Tax Advisors (@advancedtaxadvisors) on


アメリカでのNPO団体の設立や手続き自体は、それほど難しくありません。ただ、準備時間や必要な手続きは色々あります。大体のプロセスを説明すると、まず、どんなNPO団体を設立するのかを決めて、名前、役員メンバー、ビジネス形態など細かく考えていきます。初めてでよく分からない時は、インターネット上にNPO設立用のビジネスプランモデルやテンプレートもあるので、それを参考にしてみてください。

どんなNPO団体にするのかある程度の案が決まったら、課税免除の申請手続きを行います。NPO団体の多くは、内国歳入庁(Internal Revenue Service:IRS)のcharitable organizationsとして、501(c)(3)に分類されます。そして、Application for Recognition of Exemption(課税免除認定申請書)という書類があり、それを記入して提出します。課税免除が認定される と、IRSから認定通知書が送られてきます。

また、この手続きが終わったら、今度は州司法省へNPO団体として登録をしなければいけません。扱う分野によっては別に許可証が必要な場合もあるので、書類の集めや記入など色々とやることはいっぱいあります。

これが一般的なプロセスですが、州によって種類別に制度や手続きが異なることもあるので注意してください。

参考リンク(英語):https://www.usa.gov/start-nonprofit
参考リンク(日本語):https://appliedaccountancy.com/knowledge/california-npo

ボランティア参加や寄付をするメリットは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Rep/ Ambassador (@puravidarep2525) on


そんなNPO団体を設立しいざ運営するとなれば、定期的な資金が必要になります。よくNPO団体は非利益団体なので、利益を得てはいけないんじゃないの?って思われがちですが、けしてそういうわけではありません。あくまで、得た利益を分配してはいけないという意味になります。NPO団体で働くスタッフには、もちろん給料が支払われます。また、得た利益から運営に必要な資金も支払われています。

NPO団体ではよくボランティアメンバーを募集していますが、ボランティアは基本、無給です。無給ならメリットなんてないのでは?と思いがちですが、学生の場合は、ボランティア活動が義務付けられていたり、社会に貢献したという意味で、社会人なら履歴書に書くこともできます。

よくハリウッドセレブ達やリッチな人達が、NPO団体に多額の寄付をするニュースをきいたりしますよね?でも、実はこれにはちょっとしたからくりがあります。それは、社会に貢献することで自分の知名度を上げることが出来るということと、寄付をすることで税金の控除の対象になることもあるという利点があります。でも寄付をしたからといって誰もが税金の控除の対象になるわけではなく、寄付を受取るNPO団体がIRSより認定されている場合に限ります。

認定されているかどうかは、下記のリンクでチェックできます。一般的には、慈善、宗教、教育系のNPO団体が認定されていることが多いです。参考までに。

参考リンク(英語):https://www.irs.gov/charities-non-profits/tax-exempt-organization-search

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Help (@needhelp2019) on

今回は、アメリカでのNPO団体の設立方法や、ボランティアや寄付のメリットについて少し書いてみました。筆者は以前、アメリカの大学院でNPO経営学を専門に勉強していたことがありますが、お金が関わることは何かと複雑で難しいです。もしNPO団体の設立や寄付について質問がある場合は、ぜひ専門家に一度問い合わせてみてくださいね。

関連記事:「アメリカでの生活を充実させたい駐在妻にオススメのボランティア!英語の勉強にもなって、一石二鳥な体験をするためのヒントとは?