アメリカや日本でも最近よく聞くAirbnbって安全なの?メリットやデメリットをご紹介します!

みなさんは、Airbnb(エア・ビー・アンド・ビー)というサービスを知っていますか?聞いたことはあるけれど、一度も使ったことがない!という人も多いのではないでしょうか。今回はAirbnbとは何か、そしてメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。

Airbnbって何?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Airbnb (@airbnb) on


Airbnbとは、自分の住んでいる家や部屋を他人向けに貸すための紹介サイト及びサービスのことで、これは一般的に民泊と呼ばれています。似たような意味合いで民宿という言葉もありますが、民宿と民泊の違いは、民宿は、宿のオーナーが自分たちの所有している部屋を貸したり、おいしい料理や地元の情報を提供してお金をもらうシステムなのに対し、民泊は、一軒家やマンション、アパートなどの一室を有料で人に貸し出すシステムです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Airbnb (@airbnb) on


民泊の場合は、必ずしも宿のオーナーがいて宿泊者のために料理を作ったり、地元を案内する必要はありません。また、民宿の場合、日本だと旅館業法の届出が必要になるのに対し、民泊ではそういった届出もいりません。

Airbnbを使うメリットとは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Airbnb (@airbnb) on


Airbnbを使うメリットとは、非常に簡単にAirbnbサイトに自分の部屋を登録できることです。上記にも書いたように、前もって特に必要な届出もなく、簡単にはじめられることから、セットアップ費用もかかりません。また、Airbnbのサイトは、世界中で利用されているため、高い確率で宿泊者をゲットすることができます。宿泊希望者とうまくマッチングして実際に泊まるとなれば、賃貸料も手に入れることができます。

Airbnbを使うデメリットは?

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Airbnb (@airbnb) on


そんなメリットがあるのに対し、もちろんデメリットもあります。それは、必ずしも自分の思っていた賃貸料がもらえるわけではないこと、それから、どんな人が利用するか分からないということです。

民宿、ペンション、ホテルなどと比べて、民泊の場合は1泊の宿泊料金が安く設定されていることが多く、またどんな人が利用するかも分かりません。宿泊者が外国人だった場合、日本人のモラルの基準と違うことが多く、貸した家や部屋を汚く使われたり、パーティーなどして周囲の住人からクレームが来ることもあります。

ニューヨークやボストンなど、市町村によってはAirbnbを含む短期レンタル物件に規制をかけている場所もあり、アパートなどでももちろんオーナーの許可なしで部屋を貸し出すことは契約違反になる場合が多いです。

借りる側にもメリットとデメリット

 

View this post on Instagram

 

A post shared by ᴬᵐᵃⁿᵈᵃ ᴶᵒʸ (@amandajoymoon) on


また、家や部屋を貸す側だけでなく、借りる側にもメリットとデメリットがあります。メリットは、自分のニーズで宿を探せることです。急に泊まるところが必要になった場合でも、Airbnbなら見つかる可能性があります。

逆にデメリットは、実際に宿へ行くまではどんな宿か分かりません。場合によっては、サイトに掲載されていた家や宿とはまったく違ったりすることもありますし、防犯面の心配もあります。また、海外で利用する場合は、コミュニケーションの難しさなども挙げられます。

それでも、Airbnb及び民泊の需要は、年々確実に増加しています。現在、空き家やアパートを所有していて誰かに貸したい人や、安く泊まる方法を探している人には最適ですね。ぜひ、Airbnbのサイトを一度のぞいてみてはいかがでしょうか?

Airbnb:https://www.airbnb.com

関連記事:「アメリカ発、世界で成長中のシェアリング・エコノミー!どんなサービスがあるのか、調べてみました!