アメリカで人気のコンブチャ(KOMBUCHA)!昆布茶と勘違いされがちな健康ドリンクの正体に迫ってみます!

アメリカで大人気の健康飲料、コンブチャ(KOMBUCHA)をご存知ですか?お恥ずかしいことに、筆者はこのコンブチャは日本の「昆布茶」のことだと思っていました!最近日本食が人気だし、昆布茶はおいしいし、アメリカで流行っているのか〜納得!と一人で思っていました。先日ハワイで人気のスーパーマーケット「Foodland」へいった時に、コンブチャスタンドを見つけたことにより筆者の間違いが発覚したのです!そこで今回は、そんなちょっと紛らわしい健康ドリンク「KOMBUCHA」について、ご紹介していきます。

コンブチャ”KOBUCHA”は昆布茶ではありません!

img_0547
アラモアナセンターにある新しいFoodlandにはジュースバーがあるのですが、そこに「KOMBUCHA」と大きく書かれたコーナーがありました。この時点ではまだ昆布茶だと思っている筆者…すごい!こんなにも昆布茶って人気なの?スーパーの一角にワンコーナー持ってしまっている!というのが感想でした。でも、よく見てみると昆布茶ではないかも…。

KOMBUCHAには色々なフレーバーがある

img_0549
コンブチャスタンドには蛇口が6個ついているのですが、そこから注がれるフレーバーも6種類。

  • Super Ginger Turmeric Tonic(スーパー・ジンジャー・ターメリック・トニック)
  • Blue Green Dream(ブルー・グリーン・ドリーム)
  • Lilikoi Lush(リリコイ・ラッシュ)
  • Benevolent Beet(ベノボレント・ビーツ)
  • Cozmic Coconut Chai(コズミック・ココナッツ・チャイ)
  • Hibiscus Blossom Bliss(ハイビスカス・ブロッサム・ブリス)

これ、どうみても昆布茶ではなくないですか?

サイズはカップからボトルまで

img_0548
蛇口の隣にはこのように可愛いボトルが並んでいます。

前の写真に値段が載ってましたね。カップで約5ドルぐらい。
1番大きいボトル(ボトル入りの値段)が約24ドル。リフィルで約16ドル。

こんな大きなボトルに昆布茶を入れるのおかしくない?あれ、昆布茶ではない??

コンブチャの正体は紅茶キノコ!

紅茶キノコと言われても、何だかピンと来ないのですが、

「モンゴル原産で、シベリアで伝統的に飲まれている発酵飲料。紅茶、もしくは緑茶に砂糖を加え、そこに培地で栽培されたキノコにも見えるゲル状の塊を12日から14日ほど漬け込む事で発酵させたもの」

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%85%E8%8C%B6%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3

発酵させた後の見た目がキノコのようなので、紅茶キノコと呼んでいるみたいです。

成分は?

  • 酵素
  • プロバイオティクス
  • 乳酸菌
  • アミノ酸
  • ポリフェノール
  • ミネラル・ビタミン・アミノ酸

体に良さそうなものばかり!!

セレブの間で流行っているのは本当に体に良さそうだからなんですね!

ミランダ・カーなどセレブが手にしているところを度々パパラッチされ、火がついたとも言えるコンブチャですが、飲んで損はなさそう!

img_0550
Foodland内のこのコンブチャスタンドは「Conscious Culture Cafe & Big Island Booch Kombucha」という、ハワイ島のヒロにある人気のお店のオリジナル・コンブチャ店のようですね!ボトルに名前が入っています!

さて、コンブチャをご紹介しましたが、実は筆者はまだ飲んだことがありません!!!なんせ昆布茶だと思っていましたので、日本で飲んだほうがおいしいに決まっていると思って興味も示しませんでした(笑)。今回とても体に良いということがわかりましたし、味もおいしいという口コミばかりでしたので、次は勇気を出してそのコンブチャを買ってみたいと思います!