今年のハロウィーンはみんなでジャコーランタンを作ろう!

10月に入ると、アメリカの街は秋の風物詩ハロウィーン一色になってきましたね。

あちこちのスーパーマーケットであの巨大なパンプキンが山積みにされています。

でも日本人の方々、ご存知ですか?

あれは食べるためのものではないんですよ!

大体アメリカ人は、パンプキンは野菜だという感覚も持っていません。

あの大きなパンプキンを食べるアメリカ人はいない

%ef%bc%92
ではあれは一体何? 実は工作用の材料なんです。

ハロウィーンに欠かせないのが、あのコワイ(?)顔をした置物 ”Jack-o’-lantern(ジャコーランタン)”!

店先で売られているパンプキンは、あのジャコーランタンを作るための材料なのです。

アメリカの子供たちは10月になったら必ずひとつやふたつはジャコーランタンを作って、玄関先や庭に飾るんですよ。

皆さんもアメリカ滞在の記念に、今年はジャコーランタン作りに挑戦してみませんか?

ジャコーランタン (Jack o lantern)の作り方

3
では、作り方をご紹介しますね。

必要なもの:パンプキン、パンプキンをくり貫くナイフ(刃が細くギザギザのもの)、スプーンか市販のツール、油性マーカー、キャンドル、床を汚さないためのシートか新聞紙

パンプキンを彫るためのツールのセットは今ちょうどスーパーマーケットに並んでいます。近所の店では1セット4ドルくらいでした。(1ドルショップなら$1 かも?)

10月が終わるとこのツールはクリアランスになってお店から姿を消すので、買うなら今です。

https://www.youtube.com/watch?v=GldxuTsExZM

こちらの動画は、YouTubeにアップロードされた英語学習者向けジャコーランタンの作り方です。この他にもいろいろな動画があるので、お気に入りを探して下さいね。

おおまかな作業手順

  1. パンプキンのてっぺんの部分を丸くくり貫く。
  2. そこから手を入れて、スプーンを使って中の種を全部とり出す。
  3. 彫りたいデザインの下書きをマジックインクで描く。
  4. ナイフやツールを使って、キャンドルの光が通る部分(目鼻)をくり貫いて行く
  5. でき上がったら、中に小さなロウソクを入れて火を灯します。

できあがりです!意外と簡単じゃありませんか?

大きいパンプキン、小さいパンプキンといろいろ作って沢山のジャコーランタンを並べ、みんなでパーティーをやるのも楽しいですよ。では、

Happy Halloween!