日本未上陸!ハワイで人気の水筒、Hydro Flask(ハイドロフラスク)がお土産に最適!

https://myhydro.hydroflask.com/how-it-works

ハワイで大人気の水筒、Hydro Flask(ハイドロフラスク)をご存知でしょうか。ワイキキを歩いていたり、ビーチに行ったりすると多くの人がカラフルな水筒を持っていると思います。それらはほぼ、Hydro Flask(ハイドロフラスク)の水筒です。ハワイで大人気なんです。ハワイ在住の筆者が初めてHydro Flask(ハイドロフラスク)を知ったのは、ハワイのローカルの友達が日本に遊びに来た時に、ハワイで流行っているとお土産でプレゼントしてくれた時でした。日本未上陸ですし、日本でもたくさんの種類の水筒が買えるので、カラフルでかわいいね!ありがとう!ぐらいの気持ちだったのですが、ハワイに来てその人気の高さにビックリしたのを覚えています。とにかくみんな持っているんです。

Hydro Flask(ハイドロフラスク)が人気の理由


大人気でみんな持っているんですけど、みんな同じものを持っているわけではないんです。色や形、大きさが少しずつ違うんですね。それぞれ183,456種類の組み合わせパターンがあり、自分で好きなようにカスタマイズできるんです!

カラーは14種類

サイズは9種類

それぞれ容量は12oz、16oz、18oz、20oz、21oz、24oz、32oz、40oz、64ozとなっており、一番小さい12ozもので約340cc、大きい64ozのもので約1,811cc、約1.8ℓとなります。オンラインで自分でカスタマイズして注文する場合は21ozと24ozのサイズはないようです。

飲み口は2種類、それぞれキャップも数種類


・ノーマル:取り外して飲むLoopタイプ、直接飲めるSportsタイプ
・ワイド:ノーマルタイプ、ストローが付いているStraw Lib、ビール用のGrowler、コーヒー用のHydro Flip

ビールのカップやFood用として展開しているものもあるんです!

どこで買えるの?日本からオーダーできるの?


販売している店舗はアメリカ国内ではわりとどこの都市にもあるようです。公式HPで自分の好きな色・形・大きさをカスタマイズオーダーをできますが、配達はアメリカ国内限定です。どうしても日本でということであれば、通販サイトで販売しているところもあります。(ただ、かなり割高なようです…。)

ハワイで購入できる場所

img_0519
ワイキキやアラモアナをぶらぶらしていれば、必ず店頭で見つけられると思います。ワイキキでは、Coffee Bean & Tea Leaf、Volcom、Quicksilverなどなど。アラモアナ付近では、アラモアナショッピングセンター、ドンキホーテなどに売っています。あとは面白いのが、オアフ島のゴルフ場でいくつか販売しているところがあるみたいです。ゴルフに冷たい飲み物はマストですものね。他にもたくさんあるのですが、ハワイに限らず検索できますのでお近くを検索してみてはいかがでしょう?
http://www.hydroflask.com/stores

実際の使い心地


冷たい飲み物を24時間、温かい飲み物を12時間温度を保てるというくらいなので、冷たさの保存に圧倒的に強いです。氷をたくさん入れて水を持ち歩くと、氷が解けなさすぎて飲める量が減るというもどかしい状態になります。それくらい冷たいもののキープ力は高いです!温かいものは、コーヒーを入れて使ったことがありますが、やはり冷たいものに比べるとキープ力は低めとなっています。とは言え、それでもかなり温かさをキープできますので、ノーマルタイプのキャップしかもっていない筆者は飲み口が大きすぎて、火傷をするのではと恐れながら飲んでいます。あと、コーヒーを入れるとコーヒーの匂いが付いてしまって、次に水を運んだ時にコーヒー風味の水を飲むことになるので要注意です。コーヒー使用後はきちんとブリーチのようなもので洗った方が良さそうです。

総じて、ハイドロフラスクは素晴らしい水筒です!何よりかわいいですし。お土産に買っていったら喜ばれると思いますが、まずは自分用のお土産としてハイドロフラスクを1つ購入することをお勧めします!また、Hydro Flask(ハイドロフラスク)はアメリカを飛び出しヨーロッパに進出しているようです。2016年中には世界中に展開したいということなので、近い未来に日本へ上陸するかもしれないですね!