話題のamazon dashを使って、時代を先取り!これで買い物行かなくてもいい生活が待っている?

皆さん、amazonをお使いでしょうか?アメリカでは今や生活の一部と言ってもいいかもしれないくらい、人々の生活に浸透しています。そんなamazonからこの度、新しいサービスがリリースされたのをご存知でしょうか?その名も「amazon dash」。この「amazon dash」を利用するとどんなことができるのか、実際に購入して使ってみたので、その様子をレポートします!

amazon dashってどんなサービス?

IMG_5741

amazon dashの概要はamazonのホームページに掲載されており、以下の通りです。『ボタンを「ぽちっ」。お気に入りの商品が少なくなったと気づいたら、ボタンを押すだけで商品をお届けします。Wi-Fiに接続し、iPhoneやAndroidスマートフォンのAmazonショッピングアプリからお気に入りの商品を設定するだけ。あとは必要な時にDash Buttonを押すだけで注文ができます。新しい買い物スタイルをご体験ください。』購入が必要なものが出てきた時に、わざわざamazonにアクセスしなくても、ワンタッチで商品を購入できるのが魅力的なサービスです。例えば、日用品である水やトイレットペーパーなど、定期的に購入が必要なものであれば、買うものは大体決まっているはずなので、このボタンを押すだけでいつものアイテムを家に補充できます。

amazon dashのラインナップ

IMG_5742
日用品を中心に、定期的に家にストックされるものが揃っています。水や洗剤、ティッシュなどのブランドを選ぶことができます。今はまだあまりラインナップが多くありませんが、今後サービスが普及してきたら、よりいろいろなブランドを選ぶことができるようになりそうです。

実際にamazon dashを購入してみました

IMG_5740
Amazonのウェブサイトで手続きをし、数日でパッケージが送られてきました。

IMG_5728
中身を空けてすぐ使えるわけではなく、「ボタン」の設定が必要になります。まずスマホでamazonアプリをダウンロードし、amazon dashの設定画面に行きます。新規デバイスの設定というタブがあるのでタッチすると、以下の画面に辿り着きます。

IMG_5731
Agree & Get Startedをタッチします。

IMG_5732
次に6秒間ボタンを長押しして、amazon dashを立ち上げます。


ネットワークを確認しています。

IMG_5730
ここで自宅のWi-Fiと接続する必要がありますので、パスワードを入力します。

IMG_5733
Wi-Fiのパスワード入力が完了し、これで「ボタン」の設定は終わりです。

IMG_5735
最後に、自宅の好きなところに写真のような感じでボタンを貼り、注文したい時にボタンを押します。試しに1度ボタンを押したところ、無事にオンラインで発注したのと同様に注文が通っていました。簡単に注文ができてしまう分、お子さんがいらっしゃる方は、お子さんの手の届かないところに設置したほうが良さそうですね。ただこのamazon dashは間違ってボタンを押してしまっても、配送前であればキャンセルが可能です。

いかがでしたか?ゆくゆくは水だけでなく、洗剤やティッシュ、トイレットペーパーなど、日常的に必要になるものが簡単に購入できるようになっていくことが予想されます。買い物は外に出ず、家の中で済ますのが主流になる日もそう遠くないかもしれません!