トルネードが来て、雹も降る!ダラスの激しすぎる天気事情

普段、天気予報を確認する習慣をお持ちでしょうか?アメリカでは毎日の天気をあまりチェックしない日本人の方も多くいらっしゃるかもしれません。しかし、テキサス州ダラスで快適な生活を送るためには、天気について敏感になる必要があります。なぜなら、ダラスの気候は通常穏やかである一方、危険を脅かすような天気に見舞われることもあるからです。今回は、油断大敵なダラスの天気事情についてご紹介していきます。

2016年ダラス気象データ(出典:気象庁)


4月から6月は、アメリカ南部にトルネードが発生しやすい季節です。日本ではあまり馴染みがない異常気象ですが、アメリカにおけるトルネードの発生件数は年間1000本を越えることもあります。特にダラスのあるテキサス州は、トルネードが多いことで有名です。トルネードを含む災害情報は、ダラス市のホームページで確認することができます。また、Twitterなどでも情報を発信していますので、情報収集してみることをオススメします。

高温に日差し、ダラスの夏は健康管理が必須!

夏のダラスは、猛烈な暑さに見舞われ、7月や8月には平均気温が30℃に達します。海に近いヒューストンとは異なり、湿度はそこまで気にならないかもしれませんが、35℃以上の猛暑日もあるため、長時間の屋外作業は控えましょう。また、高温だけでなく、太陽から降り注ぐ紫外線にも気をつけなくてはなりません。肌だけでなく、髪の毛にもダメージが及ぶので、健康だけでなく美容面にも気を配りたいですね。

冬には雪や雹が降ることもあります!

ダラスでは、生活に影響を及ぼすレベルの寒波がやってくることもあります。2013年にアメリカ各地を襲った大寒波が襲来しましたが、ダラスにも影響がありました。その時は暴風雪が続き、約2万世帯の大停電が発生し、街は大混乱となりました。今年2017年の1月にも冬の大嵐がダラスを直撃し、激しい雷雨と共に直径3㎝ほどの雹が降り、強風に襲われています。春のトルネードシーズンだけでなく、冬の時期でも荒れた天候に注意が必要です。

いかがでしたでしょうか?ダラスは、お天気事情が少々複雑な地域です。もちろん、過ごしやすい日も多く、有名企業の拠点があるくらい環境も整っています。驚くような天気もありますが、しっかりと天候を確認し、対策を知り、天気と上手く付き合いながら、楽しくダラス生活を満喫しましょう!