癒しのパワースポット、セドナに行こう!(カセドラルロック編)

セドナと言えば、目の前に広がる圧倒的な自然と巨大な赤岩を思い浮かべる人が多いと思います。セドナには特に有名な赤岩が4つあり、それぞれカセドラルロック、エアポートメサ、ベルロック、ボイントンキャニオンと名前がついています。人々はそれをまとめて「4大ボルテックス」と呼んでいます。また、これらが点在しているエリアの総称をモニュメント・バレーと呼びます。ここではセドナの代名詞とも言えるカセドラルロックをご紹介します。

セドナに来たら絶対にハズせないスポット

A post shared by Alyssa Ball✈️ (@adventures.with.alyssa) on


セドナには4大ボルテックスと呼ばれる聖地がありますが、必ず訪れたいのはカセドラルロックです。カセドラルは大聖堂を意味しており、大聖堂のような形をした岩なのでカセドラルロックと名前が付けられました。セドナに関するガイドブックには必ず登場するくらい有名で、なおかつ写真映えすることから撮影愛好家からも親しまれています。

カセドラルロックでトレッキング?ヨガ?

A post shared by ℰℳℐℒᎽ ℳᎯℛᏆℐℕ☪❁ (@em.ily.m) on


カセドラルロックは登ることができます。現地の人は、カセドラルロックでトレイルランをしたり散歩をしています。また、平らな場所ではヨガを楽しんでいる人もよく見かけます。カセドラルロックは急斜面や滑りやすい地面のため、中級者向けのコースと言えるでしょう。トレイルの入り口付近の駐車場は混雑することが多いので、朝早く行くことをおすすめします。頂上からはセドナの岩山たちを上から眺めるように見ることができるため、絶景を楽しみながら休憩しましょう。なお、水、トレッキングシューズ、グローブは忘れずに持っていくようにしてください。

レッドロック・クロッシングからカセドラルロックを撮る!

A post shared by Dan Fetch (@dan_mcf) on


セドナの代名詞とも言えるカセドラルロックは特徴的で、天空を突き抜くような形をしていることから写真映えすることでも人気があります。セドナらしい写真を撮影したいなら「レッドロック・クロッシング」を訪れることをおすすめします。ここではオーククリークと呼ばれる川(夏は水遊び可)が流れているため、カセドラルロックと川を同時に撮影することができる秘密スポットです。砂漠地帯にも関わらず豊富な水があるため、不思議な構図になります。5名までは入場料$10が必要になりますが、訪れる価値があるスポットです。ぜひきれいな写真を撮って、インスタなどのSNSに載せてみてください。

カセドラルロックは登ってよし、眺めてよし、撮影してよしの観光には最適なスポットと言えるでしょう。スピリチュアルの世界では、男性的なエネルギーと女性的なエネルギーが交わる場所とも言われています。人間関係でなかなかうまく行かない時などは、ここでエネルギーチャージをするといいかもしれませんね。