ロサンゼルス在住の日本人が接待で使う人気レストラン5選、駐在ビジネスマンが絶対知っておくべきお店とは?

ロサンゼルスは観光地としても有名ですが、日本からビジネスで訪れる方々もたくさんいます。ビジネス会議の後は、お客様と良い雰囲気のレストランで美味しい料理を食べて、良い関係作りに努めるのも大切なお仕事の一つですよね。今回は、ロサンゼルスで接待ディナーをする方向けに、ロサンゼルスでお店の雰囲気、料理共に日本人に人気のあるお店をご紹介します。

Blue Water Grill(ブルー・ウォーター・グリル)

A post shared by Bluewater Grill (@bluewatergrill_) on


カリフォルニアに8店舗を持つ人気シーフード・レストラン。今回はロサンゼルスの海沿いにあるレドンド・ビーチ店をご紹介します。店内は太平洋を一望できるようにガラス張りになっていて、夕日を見ながら接待ディナーというのもお洒落です。また、夏場はテラス席でワイン片手に食事も最高。お勧めのニュー・イングランド・クラムチャウダーは絶品です。日本から来られたお客様をおもてなしするには最高のレストランで、充分カリフォルニアを満喫できるでしょう。

The San Franciscan(ザ・サンフランシスカン)

A post shared by Arisa🐰 (@arichan0319) on

地元の人なら誰もが知っているステーキハウス。入り口がお店の裏手にあるため若干分かり難いですが、店内に入ると、いつも満員のお客さんで埋め尽くされています。1963年オープン以来54年間家族経営を続けており、店内は古きよき時代のアメリカの雰囲気が漂います。お勧めは同店こだわりのプライムリブで、大きさはHouse Special(ハウス・スペシャル:225 グラム)、Franciscan Cut(フランシスカン・カット:340グラム)、Diamond Jim(ダイアモンド・ジム:538グラム)の3段階になっていて、日本からお客様をご招待するのであれば、一番大きいサイズのDiamond Jimに挑戦してみるのも話のネタに面白いですよ。

Sushi Kurisaki(寿司・栗崎)

A post shared by Joji (@alife2005) on


オーナーシェフの栗崎さんは、ビバリーヒルズにあるハリウッド・スターも通う名店「松久」で19年間勤めた方。店内はバック・ミュージックにジャズが掛かっていて、お洒落な雰囲気。お寿司はシェフが丁寧にネタに仕事をして仕上げているので、ネタ本来の美味しさを感じることができ、お醤油をつけなくても美味しく食べられます。ハリウッド・スターの舌をうならせた味を是非、ご堪能ください。

Izakaya Hachi(居酒屋・はち)

A post shared by h é d o n i s t e | ヘドニスト (@_hedoniste_) on


在留邦人の多いロサンゼルス・トーランス地区で大人気の居酒屋さん。いつ行っても混雑していて、ディナーは予約しておかないと入れないこともあります。肉料理・魚料理とメニューを豊富に取り揃えていて、どれ食べても美味しいので、人気の理由が良く分かります。また、お酒もワイン・日本酒・焼酎とそれぞれ種類が豊富です。接待の時は、ブース席を予約してプライベートなスペースを確保する方がビジネスの話しもし易いでしょう。

Bistro Beaux(ビストロ・ボーズ)

A post shared by Miguel Garcia Marroquin (@revvingheart999) on


1軒目で物足りないという方は、2軒目でお勧めなのが和風BARのビストロ・ボーズ。店内はテーブル席とバーカウンターがあり、お酒もワイン・洋酒・日本酒と豊富に取り揃えています。また、お酒だけでは無く美味しい料理もあり、特にアルデンテに茹で上げられたパスタは最高です。接待の最後にカリフォルニア・ワインとパスタで締めていただければお客様も満足されること間違いなしです。ちなみに、このボーズという名前、オーナーの方が坊主頭であることに由来するそうです。

日本人好みの、そしてクオリティーが高いレストランの数が全米でもピカイチのロサンゼルス。今回ご紹介したのは5軒だけですが、他にも接待向けの素敵なレストランがたくさん存在します。お客様の好みに合った、ぜひ最高のディナーの場所を見つけてみてください!