アメリカ西部の田舎町では、皆どんな車に乗ってるの?アメリカ人に人気の車種をまとめてみました!

アメリカは車社会で「車がないと生活できない」とよく言われますが、特に田舎の州では車がないと本当に生活できません。市街地に出ても、公共交通機関はバスのみだったり、街の中心部のみ路面電車が走っているけどガラガラだったりします。特にそんなアメリカ西部の田舎町では、どんな車が好まれているのか、日本人がどんな車を選べばいいのかを筆者の視点でまとめてみました。

ピックアップトラック率が異常に高い 


日本ではあまり見かけることはありませんが、アメリカではピックアップトラックと呼ばれる車種が異常なまでに人気があります。理由として、アメリカでは比較的ガソリン代が安いので燃費が悪くてもあまり気にならない、トレーラーハウスを牽引しやすい、馬力がある、バギーやモトクロスなどの遊び道具を積みやすい…などアメリカ的理由が支持の要因になっています。ピックアップトラックは、日本のミニバンのような存在と思っていいでしょう。よく見かけるピックアップトラックは以下3選。いずれもアメリカ製で、ピックアップトラックの中でも小さめのものです(それでもじゅうぶん大きいですが…)。

【フォード・F-150】新車価格$27,000~
【シボレー・Silverado 1500】新車価格$27,800~
【ダッジ・RAM 1500】新車価格$27,000~

学生や主婦層からの支持率が高い日本車

アメリカの多くの州では、16歳から運転免許を取得することが出来ます(ちなみにカリフォルニア州は18歳)。16歳で免許を取得して、学校に車で通学する子どももたくさんいます。そんなビギナーや、大型車なんて運転できない女性たちから支持されている車は以下3選。新車価格だと高めですが、中古車だと台数も多いため、まずは中古車で購入する車というイメージです。留学生や駐在の奥様におすすめの車種です。

【ホンダ・シビック】新車価格$18,700~
【日産・ヴェルサ】新車価格$12,000~
【ヒュンダイ・インサイト】新車価格$14,700~

高級車が人気なのはどこも同じだった


砂漠地帯でも山岳地帯でも、高級車は健在です。日本同様にメルセデスとBMWの2大ブランドが圧倒的に人気ですが、日本ほど一番高いモデルは見かけません。また、高級ブランドのSUVが売れる傾向があります。理由として、ブランド力、走破性、安全性が揃っているためです。

【メルセデスベンツ・Eクラス】新車価格$52,000~
【BMW・5シリーズ】新車価格$51,000~
【LEXUS・NX】新車価格$35,500~

日本とアメリカでは生活スタイルが違うため、当然売れる車も変わります。なかでもピックアップトラックはアメリカ全土で人気がありますが、田舎町では路面が悪く、舗装すらされていない道が多いため「これじゃなきゃ走らない」となるケースが多いようです。舗装されていない道を乗用車で走ってしまい、壊れてしまうケースもよく耳にします。アメリカでの車選びの参考にしてください。