フロリダ観光に欠かせないディズニー・リゾート、4つの人気テーマパークとお勧めプランをご紹介!

1971年にフロリダ州にオープンした、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート。その規模の大きさから、年間の来場者は世界中から50万人を超える人気テーマパークです。今回は、そんな世界的な人気を誇る4つのテーマパークと、ディズニー・リゾートで効率的にバケーションを楽しむ攻略法をご紹介したいと思います。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのロケーション

A post shared by Cruising Through Life (@royal.cruise.girl) on


ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、フロリダ州の中央部の街、オーランドエリアにあります。最寄の空港はオーランド空港になりますが、日本からのフライト時間は約18~20時間程度です。日本からの直行便はないので、一度アメリカ国内で乗換えが必要になります。空港でレンタカーを借りられますが、もしディズニー直営のホテルに宿泊するのであれば、空港からホテルまでの無料のシャトルバスを利用することができます。

4つのテーマパーク

A post shared by 📍Made in Brazil 🇧🇷 (@sianeleon) on

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートには、現在、代表するテーマパークが4つあります。4つのテーマパークは、それぞれ違ったテーマやコンセプトを持っていますので、それぞれ違ったテイストを一度に楽しむことができます。

マジックキングダム

A post shared by Walt Disney World (@waltdisneyworld) on


4つの中で、おとぎの国をイメージしてつくられた最初のテーマパークです。ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの中で、一番人気があると言っても良いでしょう。ここには、ビックサンダー・マウンテン(Big Thunder Mountain Railroad)や七人のこびとのマイントレイン(Seven Dwarfs Mine Train)といった人気アトラクションや、ディズニーのキャラクターに会えるパレードなどが楽しめます。

エプコット

A post shared by Walt Disney World (@waltdisneyworld) on

未来と国際理解をテーマにして、1982年にオープンした2番目のテーマパークです。園内には最新テクノロジーを体験する展示やアトラクションがあります。特に人気のアトラクションは、スペースシップアース(Spaceship Earth)やソアリン(Soarin’)です。その他にも、世界11カ国の国の文化や食事が楽しめる、ワールドエリアがあります。11カ国の中にもちろん日本も入っており、日本エリアにはお寺のレプリカや日本庭園、三越や日本食レストランがあります。

ディズニー・ハリウッド・スタジオ

A post shared by Drew Horne (@thedrewhorne) on


ハリウッドをイメージして1989年にオープンした、映画や音楽が楽しめるテーマパークです。エアロスミスの楽曲をバックに楽しむロックンローラー・コースター(Rock ‘n’ Roller Coaster Starring Aerosmith)は、屋内ジェットコースターでとっても面白いです。また、子供たちが楽しめるディズニーキャラクターのショーや、映画製作について学べるスタントショーなどがあります。

ディズニー・アニマル・キングダム

A post shared by New York City (Eljay Aguillo) (@w57th) on

最後にご紹介するのは、1998年にオープンした動植物園がコンセプトのテーマパーク、アニマル・キングダムです。ただ動植物を見学できるだけでなく、エクスペディション・エベレスト(Expedition Everest – Legend of the Forbidden Mountain)やダイナソー(DINOSAUR)といったスリル満点のアトラクションから、自然をテーマにしたミュージカルショー、サファリツアーなどを楽しむことができます。また、飼育されている動物の数も多く、同テーマパーク内には約250種類、1700匹余りが暮らしています。

効率的にリゾートを楽しむオススメプラン

ここまで4つのテーマパークについてご紹介しましたが、とにかく見どころがたくさんあるため、全部をじっくり楽しんで回ろうとすると最低でも1週間以上は必要になるほどの大きさです。しかし、時間的にも費用的にも、そこまで長期休みでディズニー・リゾートで楽しむというのは中々難しいですよね。そこで、滞在時間に余裕がない方へのおすすめプランとして、まずは一番人気のマジックキングダムを目指しましょう。そして、日本のディズニーランドにはないアトラクション、アンダー・ザ・シー:ジャーニー ・オブ ・ザ ・リトル・マーメイド(Under the Sea: Journey of the Little Mermaid)やエンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル(Enchanted Tales with Belle)に、午前中の早い時間帯に頑張って行きましょう。次に、自分がどのタイプのテーマパークを優先的に行きたいか、興味のあるテーマパークでの過ごし方について考えてみるのもいいかもしれません。例えば筆者の場合、未来都市や国際文化に興味があるので、いつもエプコットで過ごす時間が他のテーマパークと比べて長いです。映画が好きな方はディズニー・ハリウッド・スタジオ、動物が好きな方はディズニー・アニマルキングダムなど、観てみたいスポットを何ヶ所かに絞ってみるといいと思います。また、長時間待たずに人気のアトラクションに乗れる、ファストパス・プラス(FastPass+)というサービスがあります。特に、アメリカの学校が休みになる5月下旬から8月中旬頃、クリスマスシーズンはとても混雑します。ピークシーズンだと、1つのアトラクションに2時間以上待たされることがあるので、このチケットを利用してみるのもいいでしょう。

今回は、フロリダ州にあるウォルトディズニーワールドリゾートについてご紹介しました。実は、ウォルトディズニーワールドリゾートには4つのテーマパークだけでなく、ウォーターパークやショッピングエリアもあるんです!これらのスポットについては、次回、もう少し詳しく紹介したいと思います。お楽しみに!