アメリカ本土最南端の島フロリダ州キーウェスト、ヘミングウェイをも虜にしたその魅力とは?

フロリダ州の最南端にあるキーウエスト。文豪アーネスト・ヘミングウェイがその海の青さと自由な雰囲気に魅了され、豪邸を建てて暮らした場所でもあります。今回は、そんなキーウェストの魅力と人気観光スポットを紹介しましょう。

キーウエストはどこにあるの?

A post shared by Stay Salty Florida (@staysaltyflorida) on


キーウエストの場所ですが、マイアミから国道一号線(US 1)を真っ直ぐ南に行ったところにあります。ダウンタウンから車で約4~5時間あれば行けます。ドライブ中には、有名な映画やコマーシャルで撮影場所として使われたことがあるセブンマイル・ブリッジを見ることができます。無料駐車場スペースもあるので、ぜひ車を停めて歩いたり写真を撮ったりしてみましょう。セブンマイル・ブリッジから更に南下していくと、目的地キーウエストに到着します。

サザンモストポイント

A post shared by Tristan (@tiwoosh) on


キーウエストに着いて、まず目指していただきたいのが、サザンモストポイントというスポットです。ここには、「アメリカ最南端の場所」と書かれた巨大なブイがあります。また、「ここからキューバまでは90マイル」とも書かれており、距離からするとマイアミへ行くよりキューバに行く方が近い場所になります。そこでよく観光客の方から、「ここからキューバは見れますか?」と質問されますが、ここからキューバを肉眼で確かめることは、距離は近くても地形からしてほぼ無理だそうです。しかし、キーウエストからハバナまでのチャーター便が週に3便出ているので、キューバ訪問を旅行プランに入れてみるのもいいでしょう。

ヘミングウェイの家

A post shared by Rubber Chicken (@go_rubber_chicken_go) on

アーネスト・ヘミングウェイの小説には、海が舞台になっている作品も多くありますね。彼は、魚釣りが好きだったことで有名です。そんな彼にとって、キーウエストはパラダイスだったに違いありません。ここキーウエストには、彼が2番目の妻ポリーヌと一緒に暮らしていた家があります。ポリーヌの実家は大変裕福で、この家は彼女のおじさんが購入したと言われています。また、彼は猫好きとしても知られ、どんな時でもいつも猫と一緒に生活をしていました。彼に飼われていた猫達は、6本指のある多指症でしたが、彼は普通の猫と違うことから幸せをもたらすと信じていました。現在も、ヘミングウェイの猫の子孫達がこの家で暮らしています。博物館として一般公開しているので、滞在中にぜひ足を運んでみましょう。

マロリー・スクエア

A post shared by Aphton (@aphtonvanpelt) on

キーウエストにあるダウンタウンエリアです。ウォーターフロント沿いにあり、ここはクルーズ船の寄港地としても知られています。ギフトショップやレストランなどが立ち並ぶほか、天気の良い日には美しい夕日を眺められるスポットとしても有名です。また、ストリートパフォーマンスも人気で、長年この場所で行われている飼い主と彼の猫ちゃん達の息の合ったパフォーマンスは非常に可愛くて、たくさんの観光客を虜にしてしまいます。

番外編:ファンタジー・フェスト

A post shared by jpatrocino (@jpatrocino) on

上記に紹介した3つのスポットは、キーウエストで欠かせない人気観光スポットになります。ここで番外編として、ローカルイベントを少し紹介しましょう。毎年10月に行われるハロウィン前のファンタジー・フェストというイベントで、デュバル・ストリートを中心にパレードやストリートフェアなどが行われます。また、このイベント開催中、参加者は様々なコスチュームを着たり、ボディーペインティングをしたりと大騒ぎをしますが、中にはトップレスで堂々と道を歩いている女性も見かけられます。元々は、1970年代にキーウエストの町に活気をもたらそうと小さなイベントとして始まったそうです。しかし、現在ではかなり規模の大きなイベントと化しています。普通の観光客とは少し違った体験をしてみたい方は、ぜひ10月のこのイベントが行われる時期を選んで、キーウエストを訪れてみましょう。

今回は、キーウエストの人気観光スポットやローカルイベントをご紹介しました。アメリカの最南端の場所ということで、年中多くの観光客が訪れます。みなさんも今度の大きな休暇を利用して、ゆっくりとキーウエストで楽しい時間を過ごしてみませんか?