アメリカの夏の醍醐味はホットドッグ片手のメジャーリーグ観戦、LAドジャースタジアム名物「ドジャードッグ」を食べてみた!

ドジャースタジアムは、メジャーリーグの名門球団ロサンゼルス・ドジャースの本拠地として知られています。数多くの日本人プレイヤーもプレーしていて、現在は前田健太の活躍を見ることができますが、過去には日本人メジャーリーガーのパイオニアとして知られている野茂英雄もこの球場で活躍していました。そんなメジャーリーガーの雄姿を観戦するために日々多くの観客が訪れます。野球観戦以外にも楽しみなのが、球場内の売店で売られている数々のフードですね。これからのシーズン、ホットドッグとビールを両手に持って野球観戦は超最高です!今回はドジャースタジアムで売られている名物ドジャードッグをご紹介いたします。

ドジャー・スタジアム

A post shared by Al Cowan (@alberzerk) on


ロサンゼルスのダウンタウンにあるスタジアムで、メジャーリーグ最大級の観客を収容できる球場、客席数は56,000席となっています。ドジャースタジアムの特徴としては、内野と外野にフェンスがないため、観客と選手との距離感が縮まり、臨場感たっぷりで試合を観戦することができます。ただ、ファールボールにはご注意を!

名物ドジャードッグってなに?

A post shared by ⚫️ Javier Gonzalez ⚫️ (@javimoto) on


全米のメジャーリーグ・スタジアムにはそれぞれの名物フードが売られていますが、ドジャースタジアムと言えば、ドジャードッグです!ドジャードッグは、長さ25.4cmのソーセージを挟んだホットドッグのことで、1962年にスタジアムがオープンしたと同時に販売した時はフットロング・ホットドッグとして販売をしましたが、実際ソーセージの長さを計測したら、フットロング(30.48cm)では無く25.4cmだったことが判明。この結果を受けて、ファンが抗議したため、名称をドジャードッグに変更しました。

味はどんな感じ?

A post shared by Kristie Herrand (@wahmkristie) on

単にパンにソーセージを挟んだシンプルなホットドッグですが、あっさりした味のソーセージとフワッとしたパンが人気の秘密のようです。ソーセージは「グリル」と「スチーム」を選ぶことができ、「グリル」が人気です。トッピングブースにはオニオン、ピクルス、ケチャップやマスターズが置いてあり、セルフサービスで好きなだけかけることができるので、ほどほどにトッピングしてみましょう。ちなみに、一日のホットドッグの販売個数は約40,000個ということで、観客一人に対して一個は食べている計算になるので、その人気ぶりがうかがえます。ドジャードッグ以外にも刻みガーリックがたっぷり入ったガーリックフライとビールも一緒に注文して、野球観戦するのがLAスタイルです。

ここ最近のアメリカは健康志向が広まって、全体的にはホットドッグの消費量は落ち込んでいるようですが、このドジャードッグには全く無縁です。全米にはメジャーリーグの本拠地が30球場あり、それぞれオススメの名物フードがありますが、その中でも高い人気を誇るのがドジャードッグです。是非、トライしてみてください!