テキサスが生んだアメリカを代表する炭酸飲料ドクターペッパー!旨い?不味い?クセがつよ~いこの味の原点に迫ります!

季節を問わず爽やかに喉の渇きを潤してくれる炭酸飲料は、アメリカ人が最も好む飲み物かもしれません。特にDr Pepper(ドクターペッパー)は、1885年に販売が開始されて以来、アメリカ国内においてCoca-ColaやPepsi-Colaに続く高いシェア率を誇っています。炭酸飲料好きにはお馴染みでも、意外とDr Pepperを知らない日本人も多いのでは?今回は、アメリカ最古のソフトドリンクブランド、Dr Pepperについてご紹介します。

伝説はここから始まった?Dr Pepperの生みの親とふるさとはテキサスにあり!

A post shared by Bullet Head (@balaso2.0) on


Dr Pepperは、薬剤師であったCharles Alderton(チャールズ・アルダートン)によって生み出されます。彼は、当時働いていたドラッグストアでDr Pepperの販売を開始しました。ちなみに、Dr Pepperが創設されたのは、テキサス州中部にあるウェーコという町です。のどかなウェーコには、きらびやかな大都市とは違う独特の雰囲気があります。郊外らしい大型モールや地元の人から愛されるレストランも多いため、観光気分というよりは、すぐに住人になったような感覚になれるかもしれません。また、Dr Pepper発祥の地らしく、見応えのあるDr Pepper Museum(ドクターペッパー・ミュージアム)があります。外観は少々質素なかもしれませんが、Dr Pepper好きであれば思わず興奮してしまうような展示が満載!まずは生みの親であるCharles Alderton、彼のリアルな人形がゲストを暖かく迎えてくれます。展示品は古き良きアメリカを彷彿させ、Dr Pepperの歴史を学びながら発売当時にタイムトリップ!ぜひ、Dr Pepperを身近に感じてみてください。

何味のDr Pepperが好き?ダイエッター向け商品も豊富!

A post shared by Pepper (@drpepperandfries) on


アメリカで絶大な人気を誇るDr Pepperですが、ちょっとクセのある味わいです。日本では馴染みのない風味のため、好き嫌いが分かれてしまうのかもしれません。Dr Pepperのレシピは企業秘密ですが、基本23種類のフルーツフレーバーを配合して作られています。現在オリジナルバージョンを筆頭に、Cherry、Cherry Vanilla 、Caffeine Free 、それぞれにダイエットバージョン、さらにはDr Pepper TEN、Vanilla Float、通常の甘味料コーンシロップではなく砂糖を使ったバージョンなどが販売されています。たくさんあるDr Pepperの種類ですが、間違えそうな類似品もアメリカでは沢山販売されています。むしろアメリカにおける、Dr Pepper人気の証拠といえるかもしれません。

年中無休でDr Pepperに夢中!Dr Pepperは季節に縛られない飲み物!?

A post shared by s t a c i r i z n e r (@riznercostume) on

Dr Pepper好きは、夏の暑い日はもちろん、冬の寒い日でもDr Pepperを愛飲するでしょう。なぜなら、キンキンに冷やしても暖めてもDr Pepperの良さが際立つからです。むしろ、スパイシーな後味を存分に堪能したいのであれば、ぜひホットDr Pepperを試して見てください!その他、アメリカ人の中には、料理の隠し調味料としてDr Pepperを使う人もおり、カクテルや豚の角煮などにもDr Pepperを活用してみてください。Dr Pepperには、無限の可能性が秘められていますよ。

アメリカにおけるDr Pepperは、長年愛され続けるソフトドリンクの元祖でもある偉大な存在です。また、ただ愛されるだけでなく、Dr Pepperはファンへの感謝も忘れません。たったひとつのツイートから、熱狂的なDr Pepperファンの女子大生へDr Pepperが流れる巨大な噴水をプレゼントした、なんていう面白エピソードを持つ一面も!ぜひ、個性と愛に溢れるDr Pepperの世界に飛び込んでみてください。