ありきたりな有名チェーンにはもう飽きた?アメリカでちょっと高級なハンバーガーを味わいたければUmami Burgerに行ってみよう!

マクドナルドやバーガーキングなどアメリカでは様々なハンバーショップがありますが、大半がリーズナブルな価格帯のファーストフードなのでディナーに行くような感じではありませんよね。今回ご紹介するのは、ハンバーガーなのですが少し高価で落ち着いた雰囲気のレストランで食べられる「Umami Burger」です。最近では日本進出も果たし、知名度が急上昇中ですが、いったいどんなハンバーガーが食べられるのでしょうか?(本記事は、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカへの交換留学生限定!留学期間中ずーっと携帯代がタダになるキャンペーン実施中の日本人留学生グループ」の提供でお届けしています。)

Umami Burgerの歴史

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Umami Burger (@umamiburger) on


Umami Burgerは2009年にロサンゼルスで誕生しました。店名の「Umami」は、もちろん日本語の「うまみ」から来ており、創業者のアダム・フレイッシュマンがロサンゼルスで人気のIn-N-Out Burgerを食べている時に、本で紹介されていた「Umami」という成分を思い出し、その名前を店名につけたことから始まりました。2009年にUmamiを追及するため、フレイッシュマンはウエストLAに出店していた日系スーパーマーケットのMitsuwaでありとあらゆるUmamiに関する食材を買い揃え、自宅で料理の研究を始めました。その1か月後、カルバーシティの近くの韓国系タコスショップの跡地にUmami Burgerをオープンさせます。ちょっと変わった名前と、味にこだわるスタイルが人々にウケ、その後ロサンゼルスのみでなく、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨークへと次々とエリアを拡大していきました。2017年には念願であった海外進出の第一号となる日本での出店も果たし、成長を続けています。今ではUmami Cafeなど別業態などへの挑戦も始めています。

Umami Burgerの特徴

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Umami Burger (@umamiburger) on


Umami Burgerの特徴は、素材や味にこだわってハンバーガーを提供しているところにあります。今では高級食材としてアメリカ人の間でも大人気になった和牛をビーフパティに使用している「The Butcher’s Burger」には数種類のハーブがブレンドされていています。Umami Burger名物の「The Original Impossible Burger」には味噌が加えられたマスタードが使われていて、まさにうまみを追求した味わいになっています。他にも、ハンバーガーの具材としてはかなり珍しい椎茸が使われたハンバーガーや、その味付けをするケチャップにもうまみ成分が加えられています。

看板メニューUmami Burgerを実食!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Umami Burger (@umamiburger) on


とにかくお肉が普通のハンバーガーとは比較にならないくらいジューシーで、お肉だけで食べてもハンバーグとして売れるくらい絶品。焼き加減はおすすめのミディアムレア。お肉をサポートするメンバーは、パルメザンチーズのフライ、炒めた玉ねぎ、シイタケ。このシイタケがとても分厚く良いアクセントになっていて絶妙なコンビネーションで絶品です。かなりボリューミーです。

Sunny Side Burgerも実食

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Umami Burger (@umamiburger) on


ウマミバーガーのシイタケの代わりに目玉焼きとスピニッチが入っているこのサニーサイドバーが―もこれまたボリューミーで絶品。香りのアクセントとしてルッコラが入っていましたが、こってりしたハンバーガーの味をまろやかにしてくれます。目玉焼きがさらにコクをプラスしてくれていて、味全体が上手く調和されている印象です。

ビーフが食べられないあなたも食べられるバーガーがある!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Umami Burger (@umamiburger) on


宗教上の理由やベジタリアンでビーフを食べない人のために、Ahi Tuna Burgerがあります。Ahi Tunaとはマグロのことで、表面だけあぶってあるマグロと野菜をバンズで挟んでいます。こちらはこってりしたビーフのハンバーガーとは打って変わって、女性でもペロッと食べれてしまうあっさりとしたバーガー。アボカドと人参のスライスピクルスが良いアクセントとなり、あっさりしつつもきちっとうまみを感じられる一品となっています。

店内の雰囲気

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Umami Burger (@umamiburger) on


元々ロサンゼルス発祥の店ということで、カジュアルでスタイリッシュな店構えとなっています。店内ではビールをはじめとしたアルコール類も提供されており、フレンチフライをおつまみに飲んでいるお客さんを良く見かけます。

アメリカに来たら必ずと言っていいほど、ハンバーガーって食べますよね!マクドナルドやバーガーキングなどの有名チェーン店ではなく、ちょっと上級者向けのこちらのUmami Burgerにもぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?和食や日本のうまみがここまでアメリカ文化に浸透しているのを見ると、なんだか日本人としてUmami Burgerを応援してみたくなること間違いなしです!