アメリカ人と国際結婚をしたいあなた、ちょっと待って!経験者による「お勧めできない理由」を踏まえて、国際結婚について考えてみよう!

日本人女性の中には、アメリカ人との国際結婚へ憧れを持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?でも、実際に国際結婚をしてみると、思った以上に色々大変なことがあります。今回は、実際に国際結婚をしている筆者が、あえて国際結婚を「おすすめしない理由」を挙げてみたいと思います。

文化や言葉の違いに悩むことが想像以上に多い

A post shared by Makoto(Marieマリー) (@mmarie619) on


国際結婚をしていると、日々の生活の中で、お互いの文化や言葉の違いで悩むことがとっても多いです。小さな違いから誤解が生まれ、それが時間と共に蓄積されていきます。相手と価値観や考え方が合う人といっても、やっぱり生まれた国やバックグラウンドが違うわけですから、こっちが自分の基準で何かを言ったとしても、相手が同じように理解するとも限りません。お互いの国についてよく勉強して理解した上で、オープンマインドになることが常に必要です。

保守的な考え方を持つ日本人からの誹謗中傷を受ける

A post shared by thisisjapan. (@thisisjapan.isetanmitsukoshi) on


まだまだ外国人と結婚することに対して、抵抗を示す方達もいると思います。特に年配層に多いのではないでしょうか。筆者の実家がまさにそうでした。我が家の場合、結婚する最後の最後まで夫を認めてくれませんでした。そのため、私が実家を出る形で渡米しました。夫も筆者もずっと頑張ってきた結果、子供が生まれて、ようやく初めて認めてくれるようになりました。

また、これは筆者が夫と日本の地下街を歩いていた時のことです。いきなり知らないおじさんから、「日本人女が外人と一緒に歩きやがって!」と思いっきり、筆者の顔を見ながら大声で言ってきました。この人が筆者達のことを見てどう感じたのかは分かりませんが、言われた当人としては非常に不愉快でした。それと同時に、あ~まだ日本人の中には、外国人を受け入れたがらない人達もいるんだな…と少し悲しい気持ちになりました。

日本に一時帰国する際の時間や費用が半端ない!

A post shared by American Airlines (@americanair) on


毎回、日本への里帰りの際に感じることですが、飛行機に乗っている時間が長く、航空券代も高いです。筆者は日本から一番遠いアメリカの州に住んでいるので、これは仕方ないことだと思っていますが、毎回どんなに最短のフライトを利用しても最低18時間以上はかかります。また、往復の航空券代も安くても一人10万円以上くらいはします。我が家は現在4人家族のため、毎回日本へ一時帰国する際には、40万円以上の出費です。これが毎年続くとなると、かなりの出費になります。

日本へ一緒に行くと、必ず無料奉仕でガイドや通訳をさせられる!

A post shared by 🇯🇵 Japan Travel & Events (@japanawaits) on


筆者の夫は日本へ留学していたこともあり、日本語が少し分かります。でも、長い文章や少し難しい日本語になると完全には理解できません。そのため、毎回分からないときは私に色々聞いてきます。私は休暇のつもりで日本へ行っても結局は1人で過ごす時間は少なく、ゆっくりできません。こんな時、もし相手が日本人だったらどれだけリラックスできたことか…とよく思うことがよくあります。

親に何かあったときにどうするの?

A post shared by @crow538 on


自分が20代だったときには余り考えていませんしたが、そろそろ親も歳をとってきているので、もしも何かあったとき、自分には何ができるのか?と思うことがあります。筆者自身も親との葛藤が色々あったので、正直なところ複雑な気持ちです。でも、やっぱり自分の親なので、見捨てることはできません。これは海外に限らず、国内であっても親子が離れて暮らしていたら同じ状況だと思います。まだ親が健在なうちに、老後についての話はしっかりしておくべきですね。

今回は、国際結婚をあえて「おすすめしない理由」を筆者の視点から書いてみました。この記事を読んで、国際結婚への憧れが薄れてしまった人もいるかもしれません。しかし、国際結婚には大変なことだけでなく、もちろん良いことも沢山あります。結婚生活に一番大切なのは、お互いのリスペクト、そして思いやりの気持ちだと思いますので、こんな理由には屈しない!、という方は、ぜひ今まで通り国際結婚を前向きに検討してみてください。皆さんは、色々とハードルがある国際結婚について、どう思われますか?