アメリカのベーコン文化をご家庭でも試してみませんか?簡単にできる、ちょっと変わったベーコン料理3選!

ベーコンの入っていない料理は料理じゃない!と言う人がいるほど、アメリカと言えばベーコンに馴染みがあります。ベーコンのいろいろな美味しい食べ方はありますが、今回はスーパー簡単で誰もが病みつきになる人気のベーコン料理のレシピをいくつかご紹介したいと思います。

※Tbspはテーブルスプーン(大さじ)、tspはティースプーン(小さじ)、1Cupは8オンス(240ミリリットル)です。

ベーコン・ポップコーン

A post shared by Homegrown Taproom&Marketplace (@homegrownnashville) on


塩味、チョコレート味、キャラメル味、チーズ味と何でもありのポップコーンですが、ベーコン味も結構いけるんです。コーンの粒をベーコンの油で焼きます。材料は以下の通り。

½ cup ベーコングリース(ベーコンを焼いたとき出る油)
¾ cup ポップコーン用の粒コーン
½ tsp 調味塩
3 Tbsp ベーコンビッツ(ベーコンを焼いて細かくしたもの・お好みで)
1 cup チェダーチーズ(おろしてあるもの・お好みで)

①ベーコングリースを深めのフライパンに入れ強火にかける
②コーンを1~2粒フライパンに入れて様子を見、粒がはじけたら残りを全部入れて蓋をする
③コーンがはじけ出したら常にフライパンを前後にゆすりながら、はじけていないコーン粒がフライパンの底に来るようにする
④はじける音がゆっくりになってきたら、フライパンを火からおろして最後まではじけさせる
⑤ポップコーンを大きなボウルか紙袋に入れ、調味塩の半分を入れてかき混ぜ、味をみながら塩味が足りなければ足していく
⑥お好みで、ベーコンビッツとチェダーチーズを入れる

ベーコン巻きコーンのグリル

A post shared by Healthy Food And Supplements (@health_unleashed) on


これだとコーンにバターや塩をつけて食べる必要がありません。ベーコンがスモーク風味の塩味をつけてくれます。グリルでじっくりと焼くと美味しいですよ。材料は以下の通り。

スイートコーン10本(皮をむいて洗う)
ケイジャンスパイス・塩・ブラックペッパー適量
ベーコンスライス1袋(1ポンド)
アルミホイル

①グリルを強火で予熱する
②コーンにケイジャン・塩・ペッパーをふり、ベーコンを2枚ずつ巻いてコーンを完全にカバーする(コーンが大きい場合はベーコン3枚)
③コーンを一個ずつアルミホイルで包み、両端をしばって空気が逃げないようにする
④予熱した高温のグリルに包んだコーンを入れ、コーンが熱くなるまで片側を約10分焼き、ひっくり返して10分焼く
⑤火を弱めて、ベーコンが焼けコーンが柔らかくなるまで約45分間グリルする

ベーコン・ドレッシングの作り方

A post shared by Milisa (@milisalovesfilm) on


ズバリどんな野菜サラダにも合うベーコン・ドレッシングを作ってみましょう。材料は以下の通り。

1 Tbsp ベーコン・グリース(ベーコンを焼いたとき出る油)
½ cup マヨネーズ
1 tsp マスタード
½ cup バターミルク
¼ cup ブルーチーズ
1 Tbsp ホワイトワイン・ビネガー (酢)
塩・コショウ適量

①マヨネーズ、マスタード、バターミルク、ブルーチーズを混ぜ合わせる
②ベーコン・グリースを入れて混ぜる
③ワイン・ビネガーを入れ、塩コショウで味を調える
例えば、ブロッコリ―と赤カブの上に焼いたベーコンを散らし、ベーコン・ドレッシングをかけてみてください。とっても美味しいですよ。

コーンのベーコン巻は、バーベキューパーティーでも人気のアイテムとなること間違いなしです。ポップコーンもドレッシングも、ベーコンが絶妙な決め味として大活躍!今回ご紹介した料理はどれも簡単で手軽にできますので、ぜひアメリカのベーコン文化を美味しく楽しく家庭料理に取り入れてみてください。