アメリカのアジア系スーパーではどの米を買えばいいの?お米マニアがお届けするアメリカのお米レビュー!

日本人になくてはならないお米、アメリカでも最近は様々な種類のお米を買うことができるようになりました。普通の米系スーパーでもお米を買うことができますが、日本で食べていたお米とはかけ離れているお米の場合が多いです。今回はアジア系スーパーで手に入る、アメリカ在住日本人に人気のお米をご紹介します。

値段で選ぶなら ~錦~

A post shared by Konbiniya Japan Centre (@konbiniya) on


どこでもよく目にすることがある「錦」は、気軽に購入できることもあり、日本人に人気のお米です。アジア系のスーパーならほぼ確実に置いてあるブランドです。値段がリーズナブルなのがウリですが、味は舌の肥えた日本人にとってはちょっと物足りないかもしれないです。そこまでお米に特別なこだわりのない方には、リーズナブルな錦がオススメです。匂いが気になったり、パサパサ感が気になったりと、お米マニアとしてはちょっと物足りない感覚があるかもしれません。

柔らかい炊き上がりでコスパ良し ~こしひかり~

A post shared by esy (@eseye516) on


Shirakikuの「こしひかり」の炊き上がりは柔らかく、そんなに臭みもありません。錦より値段が少し高いですが、いわゆる「高級米」よりは少し安いのでコストパフォーマンスが高く人気のお米です。日系や韓国系などのスーパーで売っています。同じようなタイプのブランドに「かがやき」があります。

固めでしっかりしたお米が好きな人に人気 ~玉錦~

A post shared by N͜͡a͜͡h͜͡n͜͡a͜͡♡ (@callmenahna) on


「玉錦」は錦と似た名前ですが、錦よりも断然美味しいと評判のお米です。アメリカで一番好き!という人も多いのが玉錦です。お米は固めに炊きあがるので、かみごたえのある美味しいごはんが炊き上がります。冷めても美味しいお米というのも人気の理由の一つです。値段はこしひかりよりも高いことが多いです。

一番高価で美味しいと評判! ~田牧米シリーズ~

A post shared by aco (@sf_1.365_aco) on


レベルが高めの日本食レストランなどでよく使用されるのが、田牧米シリーズの「田牧米ゴールド」です。田牧米ゴールドは白米で、玉錦よりも粒が小さめで柔らかめのお米であり、玉錦と並ぶ人気のお米です。他にもクラシック(より香りが良い白米)、胚芽米、玄米などの種類があります。玄米が苦手な方でも食べやすい胚芽米は、筆者イチオシのお米です。田牧米シリーズの価格は他のお米と比べて断然高いことが多いので、特売セールの際には是非購入しておきましょう。

日本産のお米は本当に美味しい

A post shared by yukiman (@home1125) on


上記の日本ブランドのお米はカリフォルニア産ですが、たまに日系スーパーで日本産のお米を買うことができます。圧倒的に値が張ることが多いのですが、味は最高に美味しいです。たまの贅沢で、日本のお米を食べるのもいいですね。

安すぎるお米には要注意

A post shared by Kelly Stockdale (@chasing_kelly) on


同じお米でも、新米の方が美味しいですよね。時々スーパーでかなり安くお米を売っていることがあります。大体は問題なく食べられますが、一度本当に湿気てまずいお米を買ってしまったことがあります。美味しいお米を食べたい人は、できるだけ新しい新鮮なお米を買いましょう。

油一滴で美味しいご飯に変身!

A post shared by GoodnessMe Box (@goodnessmebox) on


アメリカでどんなにいいお米を買ったとしても、やはりこだわりの日本産にはかなわないですよね。そんな場合、自宅で炊くお米をもっと美味しくするコツを使ってみましょう。油を一滴炊飯器に入れて炊くという方法があるのです。どんな油でもいいのですが、オススメは米油です。英語ではライス・ブラン・オイル(Rice Bran Oil)と言い、日系スーパーなどで買うことができます。米系スーパーではあまり置いていませんが、オーガニック用品の取り扱いが多いところではを売っているところもあります。ホールフーズで一度発見したことがあります。

今回はアメリカ在住者に人気のお米を紹介しました。安さで選ぶなら錦、味で選ぶなら玉錦か田牧米がオススメです。よりお米を美味しく食べるには、米油を入れるやり方に挑戦してみてください。お米がコーティングされてとても美味しく炊き上がります。でも、入れすぎるとべちゃべちゃになるので気をつけてください。