アメリカを席巻するアイスクリームBen & Jerry’sの魅力!日本にも再上陸で流行の兆し?アメリカならではの楽しみ方とは?

冬の贅沢、それは暖かい室内で冷たいアイスを堪能すること!という読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?アメリカには大容量でジャンキーな味のアイスが豊富ですが、冬アイスに最適な濃厚で高級なアイスも存在しています。おやつレベルを遙かに凌駕したご褒美系、それがBen & Jerry’s(ベン&ジェリーズ)です!アメリカのスーパーではおなじみでショップは全米展開、日本にも東京に2店舗出店しています。今回は、アメリカっぽいネーミングセンスも見逃せないBen & Jerry’sの魅力についてご紹介します。

小さな一歩が世界へ羽ばたくアイスクリームへ、B&Jの始まりとは?

A post shared by DARIUS ALLEN (@varsityclubinc) on


B&Jを語るには、まずベン・コーエンとジェリー・グリーンフィールドの物語を知るべきかもしれません。医学部受験に失敗したベンとアルバイトをクビになったジェリーは、人生の一発逆転を狙って、アイスクリームビジネスにすべてを掛けました。「ヒッピー起業家」と呼ばれたこともある彼らの伝説は、バーモンド州のバーリントンにあるガソリンスタンドの跡地から始まりました。その前にペンシルバニア州立大学の通信講座(授業料5ドル)でアイスクリーム製造について学んでいたことも、彼らの偉業に敬意を表して付け加えておきましょう。原材料にこだわったB&Jのアイスクリームは、コミュニティー密着型のビジネスモデルと共にまたたく間に人気となり、1978年に創業された小さなアイスクリームスクープショップは、今やアメリカだけでなく世界中にその名を轟かせています。

選び抜くのは素材だけはありません、破壊力抜群のネーミングセンス!

A post shared by Rosa 💙 (@immortal_princezz) on


B&Jのアイスクリームは、こだわりの厳選素材のみで製造されています。安心で安全、人々の健康を考え、環境にも配慮したアイスクリームを世界中に届けることが彼らの使命です。ただし、B&Jが子ども達や地球の将来を真剣に案じつつ、アメリカらしいユーモア溢れる一面も持ち合わせていること忘れてはなりません。それが垣間見えるのが、フレーバーのネーミングです!真面目に不真面目、それがB&Jが愛される理由かもしれません。このダジャレフレーバーの数々は「アメリカンジョーク」ゆえ、アメリカでしか手に入りません。ネーミングが刺激的すぎてすぐに撤去させられることもあるので、新しいフレーバーが出たら即チェックしましょう!

・Americone Dream(アメリコーン・ドリーム)
バニラアイス×チョコレート・ワッフルコーン×キャラメルソース
清々しいまでのダジャレ!辛口でお馴染みのコメディアン、スティーヴン・コルバートとのコラボ商品。ちなみに、日本版のミニカップは「ワッフルコーン・ドリーム」という名前で販売されていますが、もちろん彼の顔はプリントされていません。

・Cherry Garcia(チェリー・ガルシア)
チェリーアイスクリーム×チェリー&チョコチャンク
70年代に活躍し、現在も崇められるグレイトフル・デッドの伝説のギタリスト、ジェリー・ガルシア。1987年に販売されて以来、ジェリー・ガルシアと同じく大人気のフレーバーです。

・Chunky Monkey(チャンキー・モンキー)
バナナアイスクリーム×クルミ&チョコチャンク
もはやフレーバー名にメインのバナナの文字もありません。しかも「ずんぐりした猿」、なんとなく連想できなくもないですが、食べる人の想像力にお任せしすぎ?

過去の美味しいフレーバーの数々…おかしなB&J工場見学&墓参りツアー

A post shared by Luvy The Instagramer~Boston,MA (@hello_luvy) on


日本でも大人気の工場見学、もちろんB&Jも例外ではありません。バーモントにある工場では、ガイド付きの見学ツアーが組まれています。およそ30分間、B&Jの歴史やアイスクリーム製造について勉強しましょう。ツアー終了後のフレーバーサンプルを一口食べれば、併設されたスクープショップへ駆け込みたくなるはずです。もし、あなたがB&Jの熱心なファンであれば、ギフトショップでTシャツやフレーバー付きリップを購入しましょう。また、フレーバー墓地へ訪れることも忘れずに。今は亡きB&Jのフレーバー墓がずらり、感謝と敬意の念を込めて手を合わせてみてください。発売終了のフレーバーを墓地で葬るぶっ飛んだ発想、ブラックでシュールなアメリカ的一面が垣間見えます。

B&Jは、悪ふざけをしながらも、世界平和や愛、政治について前向きに取り組んでいます。あえてタブー視される問題にも突撃!自然環境への配慮や人々のすこやかな健康を願う反面、フレーバー名を使って世の中へ風刺をきかせることも忘れません。ちょっぴりクレイジー、アメリカの戦うアイスクリーム屋さんです。B&Jの全種類を制覇して、冷たいアイスクリームに隠された熱い想いを受け取ってみてください。