日本人がアメリカでやりがちなNG行動、確実にドン引きされる行為とその理由とは?

“So many countries, so many customs.”(所変われば、品変わる)というフレーズがあるように、日本ではOKでもアメリカでやったらドン引きされるといった行為は色々あります。今回は、日本人がついついやっちゃいがちだけれどもアメリカではNGな行動をご紹介します。

麺をすすって食べる・お皿を持つ

A post shared by PEKO PEKO (@pekopekogdl) on


日本では美味しい麺料理を食べる時、すすって食べる人が多いですよね?麺をすすって食べることで、鼻に料理の香りが抜けてより美味しさが増すと考える人が多いですが、これはアメリカのレストランでは下品なNG行為です。アメリカ料理の中に、熱いスープに入った麺料理というもの自体余りありません。大体麺料理を食べるとなるとアジア料理レストランになると思いますが、アジア系レストランでも麺をすすって食べるお客さんはあまり多く見かけません。ちなみに、お皿類を持って食べることも、アメリカでは良い行為だと思われていませんので、お皿を持ってかきこむような行為はアメリカでは厳禁です。

手招きの仕草

A post shared by Prathviraj Gambhir (@prathvig) on


アメリカの日系レストランなどへ行くと、招き猫が置いてあることがあります。たまに、招き猫がおいでおいでと手を動かしていることがありますが、これはアメリカでは「あっちいけ!」という意味になります。日系レストランに来るアメリカ人のお客さんは大抵このジェスチャーの意味の違いを知っていますが、普通のアメリカ人はそこまで知りません。例えばレストランでウェイターさんを呼びたい場合、手招きをして来るように頼んだつもりが、逆に人が遠のいてしまったということはよくあります。

「I don’t know」を連発

A post shared by Małgorzata Domagalik (@malgorzatadomagalik) on


日本では、知らない場合や相手の言っていることが分からない時には、英語で「I don’t know」というように習うと思います。でもこのフレーズ、現地のアメリカ人の間では結構きつく聞こえるそうです。筆者も渡米した当初、他の英語の表現を良く知らずによく使っていましたが、ある時アメリカ人の友人からきつく聞こえるから余り言わないようにと言われました。ちなみに、アメリカ人側としては、会話の中で人から「I don’t know」といわれると無愛想に聞こえ、それから先の会話がすすまないんだそうです。そのため、「あ、この人は私とこれ以上会話をしたくないんだ」と思うのだとか!?もし、言ってることがよく分からないけれど会話を続けたい場合は、「I didn’t get it…」や「I am not sure …」などを使ってみると良いかもしれません。

すぐ謝る

A post shared by Chez Marge (@chez_marge) on


日本では自分がそれほど悪くなくても謙虚なつもりでよく謝ることが多いですが、アメリカで自分から謝る行為をすると、それは何かしらの非を認めたことになります。そのため、アメリカ人はよっぽど悪いことをした、あるいは人に迷惑をかけたなどといった行為を除いて、ほとんど謝ることはしません。飲食店へ行って注文を間違えられても、謝られないことは多いです。もちろんこれは性格的なものもあるので、中にはすぐ謝ってくれる人もいますが、普通は色々言い訳をしたり、明らかに相手が悪いのに人のせいにしてくる人もいます。これは渡米10年以上経った今でも、筆者が好きになれないアメリカ人の行動だと思っていますが、国民性の違いだと割り切るようにしています。

スーパーのカートを元に戻す

A post shared by Tsubasa (@tsubasanchi) on


親切心でスーパーのカートを元に戻すのは、日本ではごく一般的なことですよね?ところが、アメリカでこれをすると嫌がられる場合があります。というのも、アメリカではそれぞれの仕事を担当する人達がきっちり分かれています。スーパーのカートを返却する人も、スーパー側がその仕事のために雇っています。そのため、こちらが親切のつもりでカートを返したつもりが、逆にその人の仕事を奪ったと思われがちなのです。「ワーカーの仕事を増やしてあげるため」なんてタバコのポイ捨てを正当化する人が多く存在する理由がわかるような気がします。

布団・洗濯物干し

A post shared by Rebekah Rhodes (@rebekah.rhodes) on


これは住んでいる州や地区によっても違いがあると思いますが、筆者が住んでいる地区では外で布団を干すことは禁止されています。アメリカの多くの家庭には洗濯機と乾燥機がセットであることが多いので、大半は外で布団を干す必要性が無いのですが、日本には洗濯物は外で干す習慣がありますよね?日本にいるのと同じつもりで、外に色々なものを干しておくと、「近所全体が汚らしく見える」という理由で苦情が来たり、最悪な場合、警察が来ることもあります。じゃあ、乾燥機が無い場合はどうするの?と気になる方もいると思います。そういう場合は、コインランドリーを利用します。そもそもアメリカの場合は家の中も土足なので、ベッドで寝ることが多いです。そのためシーツや掛け布団は洗っても、日本のように敷布団を干したりってことはほとんどありません。でも日本人の場合、海外でも敷布団で寝る人もいると思うので、今回は紹介してみました。

心当たりがある行為はありましたか?今回紹介したものはごく一部ですが、国や州が変われば文化や習慣も違います。みなさんも渡米する際には、気をつけてくださいね。