コロラドロッキーの遊び方、ロッキーマウンテン国立公園で自然と触れ合った後は、素敵なエステスパークの町並みをエンジョイ!

岩肌と緑のコントラスト、うっすらと雪化粧をした山脈、その風格の荘厳たるや!息をするだけで清々しくなれる場所、それがロッキーマウンテン国立公園です。大自然と共存するコロラド州の中でも、特に野生を身近に感じることができます。今回は、季節の移り変わりも見逃せない、絶景や野生動物と出会えるロッキーマウンテン国立公園をご紹介します。

ロッキーマウンテン国立公園とは?

A post shared by The Tame Trekker (@thetametrekker) on


ロッキーマウンテン国立公園はコロラド州の北部、デンバーから北へ車で約1時間半ほどの場所にあります。足を踏み入れただけで力がみなぎってくるような、コロラド州でも有数の手つかずの自然が広がります。富士山を越える4,000m級の山々、運動不足の人は尻込みしてしまいそう?いえいえ、心配ご無用!きちんと車が通れる舗装済の山岳道が整備されています。たとえ自分の足に頼らずとも、園内最高地点の3,717mを通過するドライブコースから景色を楽しむことができるのです。ちなみに、園内で最も高い山は、約4,345mのLongs peak(ロングズ・ピーク)。2016年には、450万人以上の観光客数を記録しています。体力に自信がある人も、そうでない人も、誰もが自然を楽しく身近に感じられる場所です。

心地よい森林浴、飽きずに散策できるトレイルが豊富!

A post shared by Almost Fearless Magazine (@almostfearless) on


心に栄養、筋肉に刺激を!せっかくロッキーマウンテン国立公園を訪れるのであれば、体を動かすレクリエーションに挑戦しましょう。ロッキーマウンテン国立公園には、豊かな自然を満喫しながら散策できるトレイルが用意されています。自分の体調と相談しながら、見たい景色や目的地別にコースを選択しましょう。滝や湖、山の頂上など、公園のいたるところで美しい景色を眺めることができます。また、Adams Falls(アダムス・フォール)やAlberta Falls(アルバータ・フォール)を目指すコースは、距離も短く初心者向きです。最終目的地である滝の周辺は、キャンプやピクニックを楽しむ人々で賑わいます。

じっくり静かに見守ろう、目前で繰り広げられるワイルドライフ

A post shared by @margydud on


ロッキーマウンテン国立公園の魅力は、自然が織りなす景色ばかりではありません。この地では、あるがまま、何者にも縛られることなく野生の動物たちが暮らしています。鹿の仲間であるエルク、角に特徴を持つ羊に属するビッグホーンシープ、出会うのが難しいとされるカワウソ、イヌワシをはじめとする野鳥、貴重な昆虫など、運が良ければ彼らの生態を間近で観察することができます。ただし、園内の野生動物は保護の対象であるということをお忘れなく!エサを与えたり、近づきすぎたりすることは違法行為です。

エステスパークのダウンタウンも散策しよう

A post shared by Stefanie Ansley Brinkerhoff (@slbhugs) on


もし、歩き疲れてヘトヘト、もしくは敢えて恵まれた自然とは異なる楽しみを見つけたいと考えるのであれば、ロッキー・マウンテン国立公園の麓にあるエステスパークの町を訪れてみましょう。Stanley Hotel(スタンリー・ホテル)は、スティーブン・キング原作の映画『シャイニング』のロケ地として使用された老舗のホテルです。素晴らしい景観に恵まれているにもかかわらず、このホテルの最大の売りは「ホラー」!ミステリーやゴースト関連のツアーも豊富に開催されています。まさにスーパー・ナチュラルのような経験ができるかもしれません。また、コロラド料理や地ビールが堪能できるThe Wapiti Pub(ワピチ・パブ)や、ちょっぴり歯にくっつくけど甘くてクセになるThe Taffy Shop(ザ・タフィ・ショップ)のタフィなど、あなたのお腹と好奇心を満たす素敵なお店が揃っています。

ロッキーマウンテン国立公園では、思いがけない出会いが沢山待っています。絶景、野生動物、もしくはエステスパークのStanley Hotelでホラー体験、大自然に囲まれながら飛びきりの思い出を作りましょう!エステスパークのダウンタウンは町全体が非常に可愛らしく、コロラドらしいラスティックなグッズを置くショップが並んでいるので、お土産ショッピングにも最適です。本格派のクライマーから初心者のハイカーまで楽しめるロッキー・マウンテン国立公園、都会暮らしで鈍った感性を取り戻してくれるかもしれません。