クジラを観るなら冬のハワイへ!クルーズ船ツアーで赤ちゃんザトウクジラに会いに行こう!

冬のハワイにやってくるのは、日本の芸能人ばかりではありません。動物界が誇る世界的なビッグ・スター、ザトウクジラ(Humpback Whale)の群れが冬のハワイ海域に集まります。ザトウクジラはサービス旺盛、尾びれを水面に叩きつけるTail Slap(テール・スラップ)や大きくジャンプするBreach(ブリーチング)など、見る人を楽しませる最高のパフォーマーです。今回は、冬ハワイの名物であるザトウクジラについてご紹介します。

冬のハワイでのんびり過すザトウクジラの群れ

A post shared by Pritchard Windsurfing (@pritchardwindsurfing) on


世界最大のほ乳類、みんなに愛される海の生き物クジラ。ハワイで見ることができるのは、「歌うクジラ」として知られるザトウクジラです。ザトウクジラの雄は、逆立ちした状態で30分以上も鳴き続けます。これは雄だけにみられる行動ですが、まだ詳しい理由は解明されていません。生態自体が謎に包まれているザトウクジラですが、集団で生活し、冬になると子育てをする姿などがみられます。ハワイの暖かい海域は、ザトウクジラの出産や子育てに適した環境です。そのため、11月から5月にかけてハワイは世界有数のホエール・ウォッチング海域になります。Hawaiian Islands Humpback Whale National Marine Sanctuary(ハワイアン・アイスランド・ハンプバック・ホエール・ナショナル・マリン・サンクチュアリ/ハワイ諸島ザトウクジラ国立海洋保護区)の情報によると、北太平洋に生息するザトウクジラ(約2万頭以上)の半分、約1万頭がハワイ海域へやってくるのです!ザトウクジラを観察したいのであれば、まず間違いなくこの時期にハワイを訪れるべきといえるでしょう。

クジラと共存するハワイの人々、もっとザトウクジラと仲良くなろう

A post shared by USCRTF Mtg 2016 (@uscrtf16) on

A post shared by Pacific Whale Foundation (@pacificwhalefoundation) on

たくさんのクジラスポットに恵まれたハワイ諸島。ハワイの中でも、とくに人気が高いのがマウイ島です。ザトウクジラの保護区に指定されるだけあり、毎年たくさんのザトウクジラを見ることができます。ザトウクジラのことを詳しく学びたいのであれば、ハワイ諸島ザトウクジラ国立海洋保護区のビジター・センターを訪れてみてください。ビジター・センターでは、ザトウクジラを含めた絶滅危惧種(海洋生物)の貴重な資料をみることができます。もし、ただザトウクジラを眺めるだけでなく、彼らの力になりたいと思うのであれば、Maui Whale Festival(マウイ・ホエール・フェステイバル)に参加してみましょう。開催されるイベントの収益は、ザトウクジラの保護や海洋生物教育へと還元されます。

海上からザトウクジラを観察、どの船を選ぶかはあなた次第

A post shared by Rock-A-Hula (@rockahulahi) on


ハワイ諸島では、海岸線からでもクジラを発見することができます。しかし、せっかくならもっと近くでクジラの泳ぐ姿を見たい!それなら、クルーズ船に乗って大海原を目指しましょう。ハワイには、数え切れないほどのホエール・ウォッチング・ツアーがあります。たとえば、ハワイで人気NO.1との呼び声も高いStar of Honolulu(スターオブホノルル)のプレミア・ホエール・ウォッチ・クルーズや、日本の大手旅行会社による現地オプショナルツアーなど選び放題!船の大きさや定員数、乗船中のプログラムや、万が一クジラと遭遇できなかった場合の補償など、各クルーズの特徴を調べてツアーに参加してみてください。

ハワイの冬は、クジラ好きにとって夢のような季節です。しかも、ママクジラに寄り添う赤ちゃんクジラと出会う確率も急上昇!めずらしいザトウクジラの生態を間近で観察できる絶好のチャンスです。ハワイの海とザトウクジラ、自然の偉大さと生命の神秘に魅了されてみませんか?