スヌーピーを誕生させたアメリカの漫画家チャールズ・M・シュルツ、その生涯と、スヌーピーの誕生秘話とは?

チャールズ・M・シュルツをご存じですか?彼こそが世界で最も有名な犬のキャラクター、スヌーピーを生み出した偉大な漫画家です。スヌーピーとその仲間たちは、ただ愛らしいだけでなく、人生について教えてくれる作品「Peanuts(ピーナッツ)」に登場するキャラクターです。今回は、チャールズ・M・シュルツの生涯と「Peanuts」の人気キャラクターについてご紹介します。

チャールズ・M・シュルツの生涯

A post shared by O POVO Online (@opovoonline) on


チャールズ・M・シュルツは、1922年11月26日にミネソタ州ミネアポリスに生まれ、ドイツ系移民の父とノルウェー系移民の母に育てられました。やがて父のカールが理髪店を構えたことにより、一家は隣町のセントポールへと移り住みます。新聞の漫画に夢中になっていた父親の影響もあり、シュルツ少年は漫画家を目指すようになりました。

さらに時が流れ、シュルツが13歳の頃、飼っていた犬の「Spike」を元に描いた作品が新聞に掲載されます。貧しい暮らしであったものの、シュルツは母親の応援をうけ、the Federal School of Applied Cartooning(現Art Instruction Schools)のカートゥーン・コースで学び、自身の画力を磨きました。しかしながら、シュルツの人生は、けして順調なものではなかったのです。あまりにも早すぎる母の死やアメリカ軍への入隊、彼が経験した過酷な体験は後の「Peanuts」の登場人物の性格や作風へと受け継がれます。

様々な壁を乗り越えたシュルツは、1950年10月2日に「Peanuts」の連載を開始し、2000年に77歳で亡くなるまで、スヌーピーとチャーリー・ブラウンと仲間たちの物語を描き続けました。彼が生み出した愛すべき存在、スヌーピーを始めとした「Peanuts」の登場人物たちは、シュルツの漫画家としての偉業を世界中に広め、彼に永遠の称賛と感謝を贈り続けています。

意外と知らない?「Peanuts」の登場キャラをおさらい

Snoopy(スヌーピー)

A post shared by Omur Ilbas (@lswus.consulting) on


ビーグル犬のスヌーピーは、ヒーローでも魔法を使えるわけでもありません。また、忠犬とはいいがたく、主人であるチャーリー・ブラウンを翻弄したりもします。エサが気に入らなければ拒否、野球やアメフトに参加することはもちろん、かわいい女の子にキスやハグをすることも!一筋縄ではいかない、世界で最も人間味に溢れる犬といえるでしょう。スヌーピーが持つ哲学は、あなたの悩み事を解決に導いてくれるかもしれません。

Charlie Brown(チャーリー・ブラウン)

A post shared by Timothy Patrick Boyer (@mylifeincinema) on


どこにでもいる普通の男の子。サリーという妹がいます。どこか達観しているようにも見えますが、うじうじ悩むことも少なくありません。物事が上手くいかなければ激怒するし、赤毛の女の子に夢中になってストーカーまがいのこともする、現実の人間が持つ様々な面を惜しげもなく晒してくれます。ちょっぴり勇気も自信もないけれど、人生を諦めない不屈の精神の持ち主です。

Linus(ライナス)

A post shared by @sterlingunicorn on


チャーリー・ブラウンの良き相談相手、いつも水色の毛布を手放しません。淡々と物事をこなすものの、たびたび幼い部分が顔を出します。毛布を巡るスヌーピーとの攻防や姉ルーシーからのイジワル、ある時はサリーからの猛烈なアプローチにイライラすることも!ちなみに、根っからの弟気質が目立つ彼ですが、実はリランという弟がいます。

Lucy(ルーシー)

A post shared by Ruth Klingsheim Jordan (@ruthekj) on


勘違いされることが多いですが、ルーシーはチャーリー・ブラウンの彼女ではありません。いつも不機嫌なルーシーは、隙があれば弟のライナスやチャーリー・ブラウンを困らせる言動を繰り広げています。ただし、ピアニストのシュローダーに対しては恋する乙女へと変貌!女の子の真実を知りたければ、まずはルーシーを理解することからはじめましょう。彼女を受入れる寛大さがあれば、大抵のことは何とかなるはずです。

チャールズ・M・シュルツ・ミュージアム

A post shared by Anita (@anitas7java) on


もし、チャールズ・M・シュルツのことを深く知りたいのであれば、カリフォルニア州サンタローザを訪ねてみてください。亡くなるまでの約30年間、執筆活動を続けながらシュルツが暮らした場所です。彼の名にちなんでつけられた空港、Charles M. Schulz-Sonoma County Airport(チャールズ・M・シュルツ・ソノマ・カントリー・エアポート)や、貴重な原画が所蔵されているCharles M. Schulz Museum(チャールズ・M・シュルツ・ミュージアム)など、いたるところにシュルツと「Peanut」の足跡を発見することができます。

スヌーピーのキャラが大好きな日本人は多いです。テーマパークのキャラクターになるほど、世界的な人気を誇りますが、実際「Peanuts」について知っている人は少数かもしれません。せっかくなら、作者であるシュルツのことも詳しくなって、正真正銘のスヌーピーファンを自称してみましょう!