アメリカ人の健康と美容を支えるオートミール!食べるだけじゃないオートミールのスーパーフード力とは?

アメリカ人の朝食には、オートミールという選択肢があります。日本でも注目されつつあるオートミールですが、いまいちピンとこない人も多いのでは?食わず嫌い、または苦手意識を持っている人は、かなり損しているかもしれません。アメリカ人は、美味しく食べることはもちろん、食材以外としてもオートミールを活用しています。今回は、アメリカ人が多用する魅力満点のオートミールについて紹介します。

アメリカで定番のオートミールとは?

A post shared by Alaska Oncology & Hematology (@alaskaoncology) on


オートミールは、オーツ麦(えん麦)を原料とした食品です。シリアルと同じように、朝食の定番として多くのアメリカ人に親しまれています。

より時短を求めるのであれば、インスタント・オートミールを活用しましょう。お皿にオートミールを入れてお湯を入れるだけでもOK!電子レンジでも調理することができます。できあがったオートミールに果物やハチミツ、シナモンなどをトッピングして、お気に入りのオリジナルレシピを考案してみてください。

健康志向ならオートミールにお任せ、いつもの料理が健康食に

A post shared by Soph, AUS (@thehappylifeofsoph) on


オートミールは、料理界の優等生です。ハンバーグやリゾット、デザート系など、様々な料理にアレンジすることができます。さらに、栄養面に関しても、体に嬉しい成分がいっぱいです。たとえば、心臓病の予防に役立つβグルカンやビタミンE、また急激な血糖値の上昇を抑える作用や便秘解消など、健康に役立つ効果が期待できます。もし、あなたが体のことを考えるのであれば、オートミールを普段の料理に取り入れてみましょう。肉や小麦の代用品として、いつもの食材をオートミールに変えるだけ!ミートローフやミートボール、クッキーやマフィンなどの焼き菓子、おかずからおやつまで幅広く活躍させることができます。子どもの成長や大人の健康維持にも役立つ、万能で頼れるオートミールをおいしく頂きましょう。

食べずにOK!赤ちゃんも安心なオートミール・スキンケア

A post shared by Kaley Misicka (@kaleyann) on


アメリカ人は、オートミールの素晴らしさを知っています。食べて栄養を摂取するだけでなく、直接肌に塗ったりお風呂に溶かしたりしてオートミールの効果を実感しているのです。しかも、ただの民間療法ではありません。特にオートミール風呂は、医療機関でも推奨されるほど、皮膚病の回復を促す効果があります。おむつかぶれや湿疹、乾燥によるかゆみなど、身近な皮膚トラブルを緩和してくれる入浴法です。オートミール風呂専用の市販品もありますが、手作りすることもできます。

※オートミール風呂を試す際は、浴槽が滑りやすくなるので注意しましょう。牛乳やエッセンシャルオイル、ベーキングパウター(重曹)などでアレンジを加えることもできます。ただし、皮膚トラブルの緩和が目的であれば、オートミール以外を加えるのは避けましょう。

また、入浴剤の代わりだけでなく、パックやスクラブとしても利用できます。オートミールがあれば、角質ケアから保湿まで完璧です!

アメリカのオートミールは、もはや朝食というカテゴリーに収まりきれません。食べてよし、塗ってよし、健康も美容も叶える欲ばりさんにオススメの便利なアイテムです。オートミール歴が長いアメリカ人ほど、オートミールの効能を十分に把握しているのかもしれません。せっかくなら、アメリカ人が実践する、アメリカ式オートミール活用法を試してみてください。