我が子をバイリンガルに育てたいパパやママへの耳より情報、アメリカでおすすめの子供用外国語アプリはコレ!

駐在でアメリカに住んでいる方なら一度は、わが子をバイリンガルに育てたいと思ったことがあるのではないでしょうか?筆者自身も二児の母であり、バイリンガルに育てたい気持ちが強く、日々言語に関する新しい情報を集めています。今回は、そんな筆者の外国語に関する情報と、気になる言語学習アプリを今回は紹介したいと思います。

幼児のバイリンガル教育

A post shared by Bilingual Education (@bilingualeduhk) on


筆者は元々外国語学部出身で、日米の大学機関でバイリンガル及び多言語教育に関する勉強をしたことがあります。専門家によっても意見が色々違いますが、個人の意見としては、バイリンガル教育は子供達に良い影響を与えると思っています。そもそも幼少期の言語を学ぶ脳のプロセスにおいて、モノリンガル(一言語話者)とバイリンガル話者(二言語話者)の間に違いはありません。たまに、幼児のうちは第一言語をきっちりマスターさせて、その後に第二言語を学ばせないと子供の学力に悪い影響が出るという人もいますが、それは、おそらく子供が成長する過程で色々な要因が入ってくるからだと思います。

また、日本ではまだまだ三言語、四言語と話す人は余り多くありませんが、ヨーロッパの方では幼児のうちから、色々な言語の環境下で子供を育てる親も多いです。これは、以前、日本語の起源について書いたことがありますが、日本語がヨーロッパ言語とは遠く離れた言語のため、なかなか日本語以外の言語を習得するのが難しいのが理由なのかもしれません。

子供と大人の外国語取得法の違い

What I’ve worked on for the last 18 months. Pretty intense during the last 6-8 months of it, but I’m happy with the way they turned out. . . . #englishassecondlanguage #bookdesign #calledtocreate #designerlife #graphicdesign

A post shared by Inka Mathew (@greenink) on


よく大人になってから外国語勉強を始めるのは遅いと言われますが、実際、そんなことはありません。幼児のうちから外国語の環境に入れると、自然とその環境から語学を学んだりするため、確かに聞いたり話したりするスキルは優れています。これは、実際、赤ちゃんが生まれてから成長するにつれて、最初は親や兄弟が言うことを聞いたりして真似することから始まり、そこから少しずつ単語、そしてフレーズとして発していくのと同じです。

でも、大人の場合、すでに第一言語の習得をしているため、どうしても聞いたり話したりするスキルは、幼少期から外国語を習得した人と比べると差があると思います。でも、その分、すでに今まで得た知識や経験などを使うことができるので、仮に十分な語学力が無くても、ある程度の内容を推測することができます。そういったことから、一般的に読んだり書いたりするスキルは優れていると言われています。

また、単語力や単語数は歳と共に増えていくので、自分の弱点をきちんと把握すれば、結果として幼少期から外国語を学ぶのも大人になってから外国語を学ぶのもそれほど違いが無いと筆者は思っています。

おすすめアプリの紹介

View this post on Instagram

A post shared by Axad 😍 (@axad.love) on


何歳から外国語の勉強を始めても差はそれほど無いといいながらも、もし、日常生活で外国語に触れることができるのであれば、ぜひ幼児のうちから実践したいですよね? そこで、筆者が個人的におすすめする、アメリカの外国語教育アプリを紹介したいと思います。

ABCmouse(ABCマウス)

A post shared by ABCmouse.com (@abcmouse) on


アメリカのテレビのコマーシャルでもよく紹介されていますが、主に2歳から8歳くらいまでの子供向けの英語教育のアプリです。このアプリは、アメリカの現地の学校でも使われているので、かなり実践的なカリキュラムが含まれています。リーディング、算数、理科、アートなどをテーマに、それぞれ色々なアクティビティーが含まれているので、遊びながら学べるのも魅力です。

ABCmouse公式サイト:https://www.abcmouse.com/landing/sem:goog?gclid=EAIaIQobChMIsuCH2JPl1wIVjyWBCh3oEg_REAAYASAAEgIP2vD_BwE

Little Pim(リトル・ピム)

A post shared by Little Pim (@littlepimhq) on


0歳から6歳までの幼児を対象に、ビデオを見ながら単語を学んでいくことができます。各ビデオは5分程度と短いため、大人のように集中力が長く続かない子供にも安心して見せることができます。また、年齢によってコンテンツが少し違うので、お子さんの成長に合わせて使うことができます。現在、12ヶ国語から興味のある言語を選べます。

Little Pim公式サイト:https://www.littlepim.com

Duolingo(デュオリンゴ)

A post shared by Tamara P. (@princztamtam) on

いつでもどこでも好きな時間に外国語を学ぶことができます。しかも、無料で対応言語は英語だけでなく、25言語以上から選べます。このアプリは年齢制限がなく、子供だけでなく大人でも楽しみながら外国語をマスターできます。

Duolingo公式サイト:https://ja.duolingo.com/register

今回は、バイリンガル教育に関する情報とおすすめアプリを紹介してみました。昔と違って現在はテクノロジーの発展に伴い、たくさんのお金をかけなくても幼児のうちから外国語に触れさせることが出来ます。みなさんも色々調べてみて、ぜひ自分のお子さんに合った学習法を探してみませんか?