アメリカのフェスティバルにはミスコンが欠かせない?アメリカっぽい称号が得られる、ちょっとおバカなご当地ミスコン4選!

アメリカ人はコンテストが大好きです。お手々をつないで、みんなで仲良くゴールなんてお断り!ちょっと言い過ぎかもしれませんが、とにかく1位や称号好きなのは間違いありません。たとえば、どんなに小さなお祭りでも、かならず何らかの美人(?)コンテストが開催されています。今回はタイトル名にも注目のアメリカっぽいご当地ミスコンを紹介します。

Hamburger Festival Queen Pageant(ハンバーガー・フェスティバル・クイーン・パジェント)

A post shared by National Hamburger Festival (@nationalhamburgerfestival) on


アメリカを代表するグルメ、ハンバーガー。発祥の候補地のひとつであるオハイオ州アクロンでは、毎年ハンバーガーづくしの祭が開催されています。バーガー・キングならぬ、ハンバーガー・クイーンの座を射止めるチャンスです!応募資格は、15歳~27歳までの女性に与えられます。ちなみにハンバーガー・クイーンの初仕事は、ベービー・バーガー・コンテストのお手伝いをすることです。

Miss or Mister Biscuit Pageant(ミス・オア・ミスター・ビスケット・パジェント)

A post shared by BiscuitFest (@biscuitfest) on


アメリカのビスケットは、日本人がイメージするクッキー系のお菓子ではありません。(ケンタッキー・フライドチキンのビスケットをよりずっしりした感じ)アメリカのママの味ともいえる、定番のお菓子への愛を心の底から表現してみましょう。こちらのイベントの勝者は、性別や年齢は関係ありません。必要なのは、オシャレなビスケットのファッション、ビスケットに関連する才能、それからビスケットに対する熱い気持ちです。

Marion Popcorn Festival Pageant(マリオン・ポップコーン・フェスティバル・パジェント)

A post shared by Robb (@robbk0621) on


オハイオ州マリオンは、古くからポップコーン文化が息づいています。ポップコーンに関する資料を収集・展示する博物館など、マリオンの人々はいつもポップコーンと一緒です。さらに、1981年から続く世界最大のポップコーン・フェスティバルでは、幅広い年齢のポップコーン大使が誕生します。もちろん、女性だけでなく、Mr.ポップコーンも忘れてはなりません。タイトルの中でも、特に注目されるのが、やはりMiss Marion Popcornの存在です。Miss Marion Popcornは、オハイオ州全域で引っ張りだこ状態に!はじけるような忙しい日々が約束されています。

Miss Snake Charmer(ミス・スネーク・チャーマー)

A post shared by Monique Evans (@moniqueevanstx) on


ちょっぴり厄介なガラガラヘビが主役、伝統と賛否が共存するクセの強いお祭りです。人間の都合でガラガラヘビをハントするのはいかがなものか、各所からブーイングが飛ぶこともあるようですが、それでも毎年多くの人が毒蛇を目当てに足を運んでいます。そんな個性が飛び抜けた祭で選出されるのが、Miss Snake Charmerです。美しいだけでは、Miss Snake Charmerにはなれません。まずは手先が器用であること、度胸があることが大切です。それはなぜか?もちろん、ヘビを見事にさばくためにきまっています!

アメリカのご当地ミスコンでは、優勝者に奨学金が贈られる場合が多いです。どんなに規模が小さくても、かわいいおバカちゃんが勝てるほど甘くはありません。彼女(もしくは彼)たちにあるのは、遥かに高い向上心と強い信念!オンリーワンでなく、ナンバーワンを目指す姿を見て、勇気や自信を分けて貰いましょう。もしくは、あなた自身が挑戦してみてもいいかもしれません。さぁ、勝者の称号を獲得しましょう!