アメリカの人気チョコバーで糖分と幸せをチャージ!甘くてクセになるチョコバー、ちょっと気になるカロリーとは?

アメリカ人の心の友、笑顔と元気をくれるチョコバーにご注目!アメリカ人が愛してやまないチョコバー(Candy Bar/キャンディ・バーとも)には、思考回路がストップするくらい甘いものが沢山あります。チョコを食べて「甘くなくて、美味しい」なんていう日本人のコメントに違和感を覚えていませんか?何ということでしょう、チョコは甘いからこそ素晴らしいのです!今回は、究極の甘さを求め続ける、アメリカでヒット中のチョコバーを紹介します。

SNICKERS(スニッカーズ)

A post shared by El-Kmeshi (@al_kmishi) on


・ピーナッツ+キャラメル+ヌガー 250kcal

日本でもお馴染み、遭難時にも大活躍のアメリカを代表する激甘チョコバー!そんなSNICKERSの特徴は甘さだけではありません。3時のおやつチョコとは思えない、強力な硬度と粘着性を持っています。特に歯を治療中の人は、できるだけ慎重にご賞味ください。また、職場や学校でこっそり食べるのも不向きです。突然声をかけられようものなら、お口の中がSNICKERSパニック!さすがチョコバー界の王者、とりあえずSNICKERSを食べる際は、とことんSNICKERS様だけに集中しましょう。

公式URL:http://snickers.tumblr.com

TWIX(トゥイックス)

A post shared by Grubzon – Mumbai, NYC & Beyond (@grubzon) on


・バタークッキー+キャラメル 250kcal

チョコバー初心者は、まずTWIXでアメリカ人好みの甘さを味わってみましょう。SNICKERSに比べると、食感はマイルドに感じるはずです。ただし、バタークッキーとキャラメルの濃厚な甘さがガツンと伝わりやすいかもしれません。1袋に2本分入っているので誰かとシェアもできますが、せっかくなら一気にほおばってみましょう。頭の中はお花畑、甘美な世界へトリップしてみてください。

公式URL:http://twix.com

3 Musketeers(スリー・マスケティアーズ)

A post shared by tooththesweet (@tooththesweet) on


・チョコホイップ 240kcal

ふわふわとした口溶けを味わえるチョコ、アメリカのチョコバーには珍しく繊細な口当たりが魅力です。ちなみに、日本ではMILKY WAYの名前で販売されています。一方アメリカにもMILKY WAY名義のチョコバーがあり、そちらは3 Musketeersにキャラメルとヌガーを加えたものです。いわゆる混乱系チョコバーの極みなので、購入の際は勘違いしないように気をつけましょう。

公式URL:http://www.3musketeers.com

Reese’s(リーシーズ)

A post shared by R A N D A L L S (@randalls.marketharborough) on


・ピーナッツバター 230kcal

ピーナッツバターとチョコを同時に楽しめる、夢のようなチョコバーです。多くのアメリカ人を虜にする魅惑の味わいは、甘い物好きなら人生で1度は試すべきかもしれません。甘さとしょっぱさの怒濤のコンボにKO寸前!無限に食べたくなるような、止められない中毒性があります。人生を投げ出してしまいたくなったら、とりあえずReese’s を食べてみてください。ピーナッツバターとチョコの2重奏は、疲れたあなたの心を癒してくれるはずです。

公式URL: https://www.hersheys.com/reeses

Almond Joy(アーモンド・ジョイ)

A post shared by Da’v Emelio (@decasta20) on


・ココナッツペースト+アーモンド 220kcal

ココナッツ好きにはたまらない、シャキシャキとしたココナッツの食感が楽しめます。見た目は1本ですが、実際には2個分のチョコが入っているため、大きな口でかぶりつく必要はありません。真っ白なココナッツペーストと香ばしいアーモンドのハーモニーは、日本にはないアメリカっぽい味です。激甘というより、いつもと違うチョコに挑戦してみたい人向き、チョコマニアを自称するならぜひ!

公式URL: https://www.hersheys.com/almondjoy-mounds

アメリカの思いきり甘いチョコバーは、子どもが大好きなチョコレート本来の姿なのかもしれません。高級チョコや大人が好むビターなチョコも美味しいですが、やはり一番親しみやすいのは歯磨きが必要なくらい甘いチョコです。背伸びせずに自然体で楽しめるアメリカのチョコバー、「甘くて最高!」と叫んでみてください。