アメリカでは日本人の黄ばんだ歯は恥ずかしい?白い歯になるためにできることとは、アメリカのホワイトニング事情ご紹介!

アメリカで生活をしていると、アメリカ人が笑った時にピカピカの白い歯を見かけることがあるのではないでしょうか?アメリカは何を隠そう、ホワイトニング大国なんです。そこで今回は、アメリカでの歯のホワイトニング事情にをご紹介します。歯医者でのホワイトニング、またアメリカには多くの家庭用ホワイトニンググッズもあります。今回はオススメの歯のホワイトニング法まで、一挙公開します。

アメリカで黄ばんだ歯は恥ずかしい?

A post shared by UMRAO DENTAL CARE (@umraodental) on


ほとんどのアメリカ人は、白くきれいな歯ですよね。アメリカに来ると自分の歯が気になる方は多いかと思います。歯並びも気になりますが、歯の色も気になりますよね。日本人は黄色人種です。肌も黄色いですが、実は歯も黄色いんです。つまり我々は他の人種の方よりも歯のホワイトニングを頑張らないと歯が黄色くなりがちなんですね。また、年齢とともに歯が黄色くもなります。

ホワイトニングとブリーチングの違い

A post shared by Илья Лепилин (@stomatolog.samara) on


英語では、歯のホワイトニング(whitening)とブリーチング(bleaching)の二つのワードが存在します。ホワイトニングは自分の歯の汚れを取って、自然な白さを出すことです。ブリーチングは過酸化水素(hydrogen peroxide)や過酸化パルバミド(carbamide peroxide)を使って実際の歯よりも歯を白く見せる場合に使います。歯医者で行うホワイトニングはブリーチングの一種ということになります。このような違いがありますが、記事内ではまとめてホワイトニングとして紹介します。

歯医者のホワイトニングってどうなの?

A post shared by bizzy2233 (@david_r_bizousky) on


一番手っ取り早く歯を白くする方法は、歯医者でのホワイトニングです。強力な薬液を使うので、速攻白い歯を手に入れることができます。効果の出方には個人差があるので、一度で理想の白さにできるとは限りません。ですが、アメリカでは最新の機器でホワイトニングができるのが素晴らしいところです。価格は大きな街になればなるほど高くなりますが、歯医者でのホワイトニングの相場は 500〜1,000ドルのようです。また、歯医者でキットを買って自宅でホワイトニングをすることも可能です。この場合は300ドル〜と比較的安くなります。どちらの場合も、歯が敏感になる可能性は大です。このようなホワイトニング法だと、治療中に痛さに耐えられずギブアップをする人もいます。

薬局で買えるホワイトニングテープ

A post shared by PUTIHKAN GIGI DALAM 10 HARI (@teethwhitening.c3d) on


アメリカの薬局やスーパーマーケットでは、必ず歯のホワイトニング用のテープが売っていますよね。これは薬液のついた透明のシートを自分で歯に貼る方法です。自宅で気軽に行えるホワイトニングですが、テープだとかなり歯が敏感になるようです。

自宅用ホワイトニングデバイス

A post shared by christine ☆ (@mzchristiney) on


アメリカでは多くの歯のホワイトニングデバイスが売られています。医療費が高い国ならではですよね。そんな中でもコスメショップのセフォラ(Sephora)で買うことができるグロー・サイエンス(glo science)の歯のホワイトニングキットがオススメです。これは専用の薬液をつけて、青く光るマウスピースをつけるタイプのホワイトニング機器です。実際筆者も長年愛用していますが、この装置で歯が敏感になったことはありません。続けて使うことで徐々に徐々に歯が白くなってくのが実感できます。また、薬液も近所のセフォラで買えるので楽チンです。

ホワイトニング歯磨き粉

Happy Friday! It’s time to celebrate! Tag your bestie 👯💛 #getgloing

A post shared by GLO Science (@glosciencenyc) on


ホワイトニングができる歯磨き粉の中でも人気なのが、スーパー・スマイル(supersmile)の歯磨き粉セットです。セット!が重要です。スーパー・スマイルの歯磨き粉だけを使っても歯は白くなりません。重要なのは、一緒に使うアクセラレーター(Accelerator)です。歯磨き粉とアクセラレーターを一緒に使うことで徐々に白い歯になります。この歯磨き粉も歯が敏感にならないのでいいです。普通に買うと高いので、QVCで特大サイズを買うのがおすすめです。

QVC製品サイト:http://www.qvc.com/beauty/supersmile/_/N-rhtyZ1z140f6/c.html

毎日の歯磨きやフロスも頑張る!

A post shared by Dr. Solomon Weiss, DMD (@artofdentistry) on


また、毎日の歯磨きやフロスも白い歯にはとても大切です。歯磨きに時間をかけることで、色素沈着も最小限に抑えることができます。効果的に白い歯にするなら、やはりソニッケアー(Sonicare)などの電動歯ブラシを使うことをオススメします。過去に使ったり、使わなかったりを繰り返していますが、ソニッケアーを使用しているときの方が圧倒的に歯が白いと思います。

今回は、アメリカで歯を白くすることについて色々お話ししました。お金をかけて歯医者でのホワイトニングもいいですし、自宅で行うホワイトニングも頑張ればそれなりの効果は出ます。みなさんのライフスタイルに合うホワイトニングの方法を見つけてくださいね。