アメリカで愛を込めた花束を贈ろう!生活のハック、アメリカで利用者が増えるオンライン・フラワーショップとは?

アメリカのお花屋さんが賑わう日、それはバレンタインデーと母の日に集中しています。地元の花屋さんは大盛況、行列ができて入店できないなんてことも!もし、あなたが花屋さんを求めて街中をさまよいたくなければ、オンラインのフラワーショップを活用するべきかもしれません。今回は、記念日を忘れたときにも便利!すぐに相手に花束を贈れるオンライン・フラワーショップを紹介します。

遠方の人にもすぐにお届け、オンラインで花を贈ろう!

A post shared by フラワーショップ花夢 (@flowershopcome) on


オンライン・フラワーショップの利用方法はとっても簡単、オンラインショッピングと同じです。アカウントを登録し、希望する花と日にちを指定すればOK。基本はクレジット支払いになりますが、Paypalを利用できるサイトもあります。オンライン・フラワーギフトは、花束選びの初心者さんも安心して使用できます。アレンジメントされた花束の中から、イベントに応じた商品を選ぶだけです。花屋に足を運ぶ時間がない人、もしくは花屋に行くのがちょっと気恥ずかしい人はオンラインの花屋さんを活用してみてください。

FTD(エフ・ティー・ディー)

A post shared by Rose (@yayarose71) on


125カ国以上で約35万件以上の花屋と提携、地元の花屋さんを通じて新鮮な花束を届けてくれます。アメリカ最大手との呼び声も高いオンライン・フラワーショップ、もちろん日本への注文も可能です。チョコレートやぬいぐるみなど、一緒に添えられるギフト類も充実しています(アメリカ国内のみ)。さらに、24時間対応でオペレーターが受付してくれる、手厚いアフターサービスも!

Teleflora(テレフローラ)

A post shared by Flowers By Peter (@flowersbypeter) on


すべての商品は、花束のテーマに合う花瓶つきの状態で届けられます。ものすごく嬉しい花束のプレゼントですが、実はその後の取り扱いが大変!花瓶つきなら、貰った人の手間を色々と省くことができます。日本への注文も可能ですが、花瓶サービスはアメリカ限定です。

The Bouqs(ザ・ブークス)

A post shared by The Bouqs Company (@thebouqsco) on


幸福保証100%つき、厳選された農場で育った新鮮な花束を届けてくれます。環境に配慮した花を育成することに力を入れているため、まさに産地直送と呼ぶにふさわしい品質です。サイト内で花を選ぶ際は、イベントだけでなく花の種類や色で絞り込むことができます。華美な包装はありませんが、花本来の美しさを楽しんでもらえるはずです。こちらは、アメリカ国内限りの発送です。

突然パートナーの職場に大量の花束を届けてサプライズ!なんてことにも使えます。とても便利な一方で、実際に届けられた花がスカスカだったという例も少なくありません。利用するサイトは、花束と同じくらい吟味してから選ぶようにしてください。相手を喜ばせるつもりが、むしろ好感度を下げてしまう結果に!あなたの真心をそのまま届けてくれる、オンラインでも信頼できるフラワーショップを見つけてみてください。