アメリカでクレジットカードを作る方法

こちらの記事でアメリカがクレジットカード社会だということと、いかにクレジットカードが重要かということを解説いたしました。
>>>クレジットスコアがなくて◯◯できない!困ったアメリカのクレジットカード社会

クレジットスコアがなくて◯◯できない!困ったアメリカのクレジットカード社会

では実際にクレジットカードをアメリカで作る方法をご紹介します。

必要なもの

1.基本的にソーシャルセキュリティーナンバーがないと作れません

ソーシャルセキュリティーナンバー(Social Security Number:SSN)は「社会保障番号」のことでアメリカ国民の個人識別番号になります。非アメリカ国民の場合は合法的にアメリカでの労働が許可された人にだけ発行されます。

SSNが取得できない人は個人納税者番号(Individual Taxpayer Identification Numbe:ITIN)でも大丈夫なようです。

SSNとITINに関してはまた追ってご紹介しますが、簡単に言いますとアメリカに住んでいる、もしくはアメリカで事業を起こしていないといけません。

観光で来たところでは、アメリカでクレジットカードを作成することはできないんですね。

2.アメリカに銀行口座がないとクレジットカードは作れません

これは当たり前の話ですが、クレジットカードの支払いを行う口座が必要ですね。

銀行口座はSSNがなくても作れるところもありますが、観光できて銀行を作るということはないと思います。そうなってくるとアメリカでの居住が基本ですね。

3.クレジットスコアがないとクレジットカードは作れません

これが大きな問題です。

アメリカ生活で重要なクレジットスコアを貯めるためにクレジットカードを作りたいけれども、クレジットスコアがないとクレジットカードが作れない、という何とも矛盾しているお話しです。

日本でのクレジットカード利用履歴は残念ながらアメリカでは通用しません。

上記の条件を踏まえ、クレジットカードを作る方法

日本人駐在員ならばまずはここからがおすすめ

1.SSNと2.銀行口座は移住してしばらくすれば解決できると思います。
しかし、3のクレジットスコアについてはどうしたって解決できません。
ですので、まずはANA USA CARDもしくはJAL USA CARDでクレジットヒストリーを作るところから始めることをお勧めします。

  • アメリカのクレジットスコアがなくてもカードを作ることができる
  • アメリカの住所が決まっていれば日本にいてもカードを申し込みすることができる
  • ドル決済のクレジットカードでアメリカのクレジットヒストリーを構築できる
  • 買い物の決済でマイルが貯まる

このようにアメリカ駐在員にとって持ってこいのカードです。
ただもちろん注意事項もあります。

  • 年会費がかかる
  • 居住確認のため米国運転免許証もしくは公共料金の請求書で住所を証明する必要がある
  • クレジットスコアの構築には必ずSSNが必要

詳しい内容は各社の規定をご確認ください。
>>>ANA USA CARD
>>>JAL USA CARD

このカードでこつこつクレジットヒストリーとスコアを構築し、両者が十分になったところでアメリカの条件の良いクレジットカードを作るというステップがアメリカでのクレジットカード保有への王道のようです。

もう1つ、セキュアドクレジットカードを作るという方法

ANA/JALのカードでなくても、セキュアドクレジットカードを作るという方法があります。
デビットカードにかなり似ているものなのですが、れっきとしたクレジットカードです。

  • 銀行口座にデポジット($300~$500)を入れておきその金額に応じて利用限度が決まる
  • デビットカードは都度決済が走るがセキュアドクレジットカードの場合は月1回の決済
  • クレジットヒストリーが構築される

このカードをANA/JALカードと同様に使用し、時がきたら正式なクレジットカードを作るという方法もまた一つです。

ただ折角なので、マイルが貯まった方がお得かと思いますので、ANA/JAL USA CARDをオススメしています。

 

 

いかがでしたでしょうか。

アメリカでの快適な暮らしを手に入れるにはクレジットカードが必須です!

クレジットスコアを上げる、ということがアメリカ在住者にとっては非常に重要な事です。

こつこつクレジットカードを使ってスコアをあげましょう!