アメリカ紙幣の肖像画、誰だか答えられる?2020年に20ドル札の新デザインが発表予定、ドル札の人物をおさらいしよう!

キャッシュレス時代の到来、お札に使用されている肖像画の皆さんも不安な毎日をお過ごしかもしれません。電子マネーがあるから最近お札に触っていない?そんな寂しいことを言わず、紙のお札を手にとってみてください。教科書を開かずとも、アメリカの偉人たちと対面することができます。

今回は、名前くらいは覚えておきたい、現在流通するアメリカの紙幣に使用されている偉人を紹介します。

(本記事は、「アメリカ旅行や出張に最適!5日間から2,480円で利用可能なアメリカのSIMカードを販売するアメシム」、「3か月以上アメリカに滞在される留学生や駐在の奥様必見、業界最安値$39.99で電話SNSし放題の携帯通信サービスを全米で展開するアメスマ」、「アメリカへの交換留学生限定!留学期間中ずーっと携帯代がタダになるキャンペーン実施中の日本人留学生グループ」の提供でお届けしています。)

 

留学、駐在家族向けスマホ・SIMサービスのアメスマ

$1 George Washington(ジョージ・ワシントン)

 

 

A post shared by jen86lynn (@jen86lynn) on

アメリカの初代大統領。アメリカ独立戦争では総司令官を務め、イギリスからの独立を果たします。13の州で形成された連邦国家・アメリカ合衆国を誕生させ、自由と平等の権利を宣言しました。正直の教訓を説いた、桜の逸話も広く知られています。

$2 Thomas Jefferson(トーマス・ジェファーソン)

 

 

 

 

 
 

 

 
View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Kelsey (@koneil87) on

アメリカ第3代大統領。この人物の働きがなければ、独立記念日にお祝いすることもなかったでしょう。独立宣言の原案を担当、アメリカがイギリスからの独立する重要な役割を果たします。

$5 Abraham Lincoln(エイブラハム・リンカーン)

 

 

 

 

 
 

 

 
View this post on Instagram
 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A post shared by Brian Neher (@brian_neher) on

アメリカ第16代大統領。農民の出身でありながら、苦学を重ねて政治家になった努力の人です。奴隷解放に尽力を尽くし、奴隷制を巡って勃発した南北戦争で勝利を納めます。フォード劇場でリンカーン暗殺事件が発生、この世を去りました。

$10 Alexander Hamilton(アレクサンダー・ハミルトン)

 

 

A post shared by Elena Grande (@elenagrande) on

トーマス・ジェファーソンと同様に、アメリカ建国の父と呼ばれる内のひとりです。くしくも大統領にはなれませんでしたが、独立戦争での活躍や初代財務長官としての功績が認められています。ハドソン川でピストル同士の決闘を行い、49歳の生涯に幕を閉じました。

 

留学、駐在家族向けスマホ・SIMサービスのアメスマ

$20 Andrew Jackson(アンドリュー・ジャクソン)

 

 

A post shared by ?A.Cobb? (@papa_cobb) on

アメリカ第7代大統領。民主党所属から誕生した初の大統領であり、一般の成人男子にも選挙権を普及したことで知られます。ジャクソニアン・デモクラシーという独自の政治哲学を展開、先住民に対して厳しい政策を強行しました。

$50 Ulysses S. Grant(ユリシーズ・S・グラント)

 

 

A post shared by ? L o u i s e e…❥ (@louiseeramsey) on

アメリカ第18代大統領。南北戦争で北軍の総司令官を務め、グラントと並ぶ名将である南軍のリー将軍を破り、北軍を勝利へと導きます。大統領の在任期間中は目立った功績はなく、周囲で多発する汚職事件に悩まされました。

 

$100 Benjamin Franklin(ベンジャミン・フランクリン)

 

 

A post shared by Gentlemen’s Luxury Lifestyle (@gentlemensluxurylifestyle) on

気象学者であり政治家、雷の正体が電気であることを証明するなど、アメリカ史に残る様々な偉業を成し遂げた人物です。アメリカ独立革命の際には、指導者のひとりとして活躍し、独立が実現した後の憲法制定会議にも参加しています。

アメリカ合衆国製版印刷局は、2020年を目安に新たな紙幣の発行を計画しています。新20ドルの表面には奴隷解放に尽力した黒人女性、Harriet Tubman(ハリエット・タブマン)を起用する予定であることを発表しました。さらに、10ドルと5ドルでは表面のハミルトンとリンカーンは維持しつつ、裏面のデザインを新しくする予定です。手にとって眺めるだけで幸せ、アメリカ史の勉強にもなる紙のお金。これからも電子通貨と共に、末永く仲良くお付き合いしていきましょう。

 

留学、駐在家族向けスマホ・SIMサービスのアメスマ