買い物しながらアメリカ文化をお勉強!?日用品から銃まで揃う、アウトドア専門店Bass Pro Shopsに注目!

アウトドアを安全で存分に楽しみたいのであれば、まずはアイテムから揃えましょう!手早くAmazonなどの通販で済ませたほうが楽?いえいえ、アウトドア派なら、一度自分の足でBass Pro Shop(バス・プロ・ショップ)へ出かけてみてください。ここは日用品からアウトドア用品まで幅広く取り扱っています。今回は、何でも揃う、むしろありすぎて怖い、アメリカ最大のアウトドア専門店Bass Pro Shopをご紹介します。

なぜ「今」、Bass Pro Shopなのか?

A post shared by Bass Pro Shops (@bassproshops) on

まず、始めにお伝えするべきは、Bass Pro ShopがCabela’sを完全買収したという事実です。Cabela’sはBass Pro Shopsと同じ形態のアウトドア専門店、双方共に全米でチェーン展開をしていました。利用客だけでなく、業界関係者も気になっていた昨年からの買収騒動に、遂に終止符が打たれました。そのため、Bass Pro Shopは名実ともにアメリカにおけるアウトドア専門店の最大手になったのです。Cabela’sは店内の混沌さが魅力でしたが、王者Bass Pro Shopsも負けてはいません。まさに今が旬、Bass Pro Shopsを知るべき時がきたと言えるでしょう。

人によって賛否有り?手放しで楽しめない緊張感さえも魅力

A post shared by Christy King (@kingsprincess82) on


Bass Pro Shopsのシンボルマークには、ブラックバスがデザインされています。釣具屋さんと勘違いされそうですが、釣り具はもちろん、アウトドアに必要なモノは何でも揃います。むしろ、装備品だけでなく獲物も飾ってあるくらいです。心臓の弱い方やお子様はご注意を!大人でもギョッとなる動物たちの剥製が丸ごとドーン!と店内に鎮座されています。剥製達の姿に心が痛むのであれば、癒しの空間、ミニ水族館へどうぞ。かわいくてキレイな種類はいませんが、ちょっと疲れた心をどうにか慰めてくれるはずです。もし小さな子ども連れで訪れるのであれば、生きている魚が泳ぐ姿をじっくり眺めさせてあげましょう。

知っておくべきアメリカの現実、Bass Pro Shopで銃の存在を感じよう

A post shared by Lisa (@smartarsewabbit) on


日本との違いをまざまざと見せつける場所がBass Pro Shopsには数多く存在しています。その最たるモノが、銃のコーナーです。ずらりと立てかけられたライフル、ショーケースに並ぶハンドガン、アメリカが銃社会であることを改めて気づかせてくれることでしょう。ちょっと刺激が強すぎて、なんだか日本に帰りたくなるかもしれません。とりあえず、気持ちが迷子になる前に、別のショッピングコーナーへ移りましょう!銃もあるけど、オシャレなレディース・ファッションも揃う、それがBass Pro Shopsの良いところです。さらにお土産用品も豊富、ここまでくればやっぱりアメリカは楽しいと思う気持ちが蘇ることでしょう。

日本のお父さんたちが腰を抜かしそう!今Bass Pro Shopで最も熱い店舗とは?

A post shared by treyweir (@treyweir) on

Bass Pro Shopsは、アメリカとカナダで展開されるチェーン店です。そのため、店舗によっては、かなり規模が異なります。訪れる場所によっては、期待外れの印象をもつかもしれません。しかし、テネシー州のメンフィス店だけは、想像を遙かに超えた衝撃を訪れる全ての人にもたらしています。ホテルも併設される巨大なピラミッド型をした外観で、室内に丸ごと森を入れ込んだような規格外の店舗です。たとえるなら、野性味がありすぎるディズニーランドのCritter Country!もはや、ほぼテーマパーク、Bass Pro Shopsの不思議な世界を堪能してください。

Bass Pro Shopsをただのアウトドア専門店と侮ってはいけません。Bass Pro Shopsには、防寒具や非常食、日用品など普段の生活に役立つものが揃っています。アウトドアと言っても、色々なものが必要になること間違いなしなので、用途に合わせてアイテムを探してみてくださいね!